■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

吉野余禄スズタケ
吉野に行ったときに道すがら真っ直ぐなササを見つけました。模型ヨットのマスト材料を以前から廃品の傘骨ではなく自然な竹が望ましいと考えていたので、神戸大学馬場近くのササと同じか、折れていた1本を持ち帰りました。比較すると馬場のササより節が目立たず優れています。
 それで、Yahoo知恵袋に聞いてみると、aureliamasaさんが写真をのせてくださいとご意見あり、写真を撮ったことを忘れていましたが探してみると近接像ではないものの1枚あり、スズタケと教えていただきました(彼女はスズタケの開花で鳥のことを気遣われていました)。

20170413高城山近くスズタケ
 説明;丈が高く、先端部の葉の長さが30cmくらいあり、途中に葉はほとんどついていません。節がほとんど膨らまず、節間は完全に稈鞘でつつまれています。
引用;背丈は2~3mになるササの仲間。 クマザサやミヤコザサと同じく、日本全土の太平洋側に分布。古くから工芸品に用いられ、万葉集では「ミスズ」の名前で登場する
引用;ササ類に属す。スズタケ属Sasamorphaに分類されることもある。稈は直立し、直径は5~8㎜、上部で1節に1枝出て、2~3本に分岐する。節は膨れない。稈は淡紫褐色で、稈鞘の長さは節間より長く、長毛があり、葉片は長い。葉は厚い革質、長さ20~30㎝、幅3~5㎝、両面とも無毛で、表面には光沢があり、裏面は灰白色。冬、葉に白い隈どりが現れる。葉舌は低い山形、葉耳と肩毛は無い。

 そこで、スズタケと六甲で検索すると住吉道にも生えて去年開花があったそうです。4月末に、六甲アイランドに模型ヨットを早朝テストに行った帰り、コンビニで朝食中、地図を持っていた男性に六甲でササが生えている所について質問すると、離れた席にいた男性が、六甲ケーブルの東から下に行く道にあるとおっしゃっていたことと一致します。直ぐ傍なのでいずれ探検して、アイランドの空いている小さな花壇があるので移植したいと思います。
 ヤフー知恵袋とaureliamasaさんに大感謝です。


スポンサーサイト
未分類 | 16:55:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
吉野桜状況2017年4月13日
 阪大でコピーの後、奈良県吉野に行きました。千里中央から北大阪急行1本で約500円、天王寺から徒歩2-3分で近鉄阿部野橋駅、12時40分の特急に乗り970+510円、着いたのは14時半ごろ。神戸からでも約2000円2時間半ではいけるでしょう。
 着いて見ると満開と言えず、中千本までバスにしましたが、途中も葉芽が出ているので、5分咲きと聞いた奥千本にバスで行きましたが、未だ全く蕾。歩いて下りましたが高城山は何もなし。
 略 
20170413上千本4257

 15日、神戸大学海事科学部図書館の後、心因性について載せようと思いましたが、急な体調不良で見送りのお詫び。今日、インフルエンザBと判明したので、明日の出勤も見送り?借りた「船と古代日本」茂在寅男1987を読み終えたところです。義経=ジンギスカン説の紹介で一句。

20170413上千本4253

チンギスも見たるか吉野ヤマザクラ
*
姿小ぶりも 想い果てなし

 私同様に、中千本で満開ではないと奥千本へのバスに乗った隣の女性2人組に教えて上げましたが、ソメイヨシノは花が4cmくらいあり葉が出る前に花が終わるので満開になる選抜品種なのです。
 才能ない人が詠んでもどうにもなりませんが、吉野の桜花は径が1.5cmくらいしかなく、確かに花が終わって葉芽もあったでしょうが、中千本でも葉と蕾が同時が多かったのです。駅前もくすんだ白で、時期が遅かったと勘違いしたのです。観光のため言いたくないのでしょうが満開の美しさは、芦屋川など持ち出さないでも、近所の公園や尼崎の線路沿いの方があるのです。

 吉水神社も源義経など知らず写真を撮って来ましたが、この刺激的な本で義経が吉野に隠れていたと知り、桜報告未完成のまま載せることにしました。義経=ジンギスカンは異端の話とされていますが、同書p175にモンゴル系の清の乾隆帝が「その祖先は清和より出づ、ゆえに国名を清と号す」と述べているそうです。義経は小柄と言われていますが、大柄のジンギスカンは死後直ちに縮小したとあるそうです。この歌の想いは、ジンギスカンの業績であり気持ちであり、異端の浪漫を唱える研究者たちの思いです。

 暇になったら報告修正して完成させます。

未分類 | 20:37:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
高校野球、ミスで終わりにされたくない話
 4月1日(土)、甲子園が遠くて行けない方も多いので、片道240円で履正社と大阪桐蔭の決勝戦を見に行きました。始球式の子の投球に歓声が沸きました。履正社の方が体格大きかったですが、疲れか球の勢いがなく高めで大阪桐蔭のホームランは打撃練習の感ありでした。同点になって履正社が圧力を増した後、大阪桐蔭の代打西島のホームランの後、監督がベンチの戻った西島選手を長く抱きかかえていたのが印象的でした。終了後の選手インタビューで西島選手と私が高く評価していた福井選手の話が慣れており、プロ野球選手よりも良いと感じました。高校野球の決勝戦を見る機会は今後もまずないはずです。

 3月19日開幕の選抜高校野球、第2試合日大三(東京)-履正社(大阪)の球審はファールの後、投手に球を投げるとき単にピシと返すだけでなく、小さいフォームながら投手がするように投げていました。あたかも、元投手で甲子園に出られなかったのを取り返すように。名前をテレビで確認できなかったので、どういう方だろうと思って新聞を見ても球審の名前はありませんでした。
 そこで「選抜高校野球+球審」で検索すると、この試合で審判にミスがあったと分かりました。九回表、結果として負けた日大三の投手が先頭に四球、2番手と交代し中堅へと移り、2死から再び登板し3連打され、先の投手と再び交代して中堅へ戻りましたがアピールもなく試合終了まで出場したそうです。規則では2回目登板以後他の守備はできないのでベンチに戻るか投げ続けるかとのこと。後、その選手がヒット打ちましたが、試合結果に影響はありませんでした。これは球審だけでなく審判全員の役目で、審判の顧問もサポートできなかったのは残念だったというものの、球審はつらい思いをしているでしょう。
 前段がそういう話ではないかもしれませんが、もしそうだとしたらどこかのマスコミが拾って何年後かに伝えて欲しいです。映像は永久保存されているでしょうから、ミスだけで終わりにされないように。


未分類 | 00:37:45 | トラックバック(0) | コメント(0)
人生の光と影
昨日は告知のがんの人に、「あなたが思っているほど急に悪くならない。未だ先が長いですよ。」と励まし?を伝え、その足で、東京の精神神経センターで視覚の連想記憶の生理的研究セミナーに参加しました。

 今日は移動日で郡山市の公園で模型ヨットを走らせ、夜に「天明」純米吟醸を飲んで食事、ほろ酔いで歩いて帰る途中、人の少ない横断歩道に1台のリヤカーが来ました。神戸では見ることはありません。信号待ちの時間、老女がリヤカーの引き棒に腰掛けて座りました。頭巾風な装いで顔は見えませんが腰が曲がっているので高齢は間違いないでしょう。傍を通るので荷台を見ると、売れ残りのトマトが少しとネットに覆われた何かが積んであります。心に触れるものがあったので写真を撮ろうとしましたが、暗すぎてオートフォーカスが利かず撮れません。直ぐに信号を渡って向こうを同じ方向に歩んでいました。わき道に曲がって一本道の自宅とは思えない所で止まりました。暗くて確認できませんが同じように休んでいるのでしょう。生きがいかも知れませんか、楽隠居ができればそれを避けるはずはありません。東北が貧しかったのは昔のことでしょう。ここに限ったことではありません。

 興味深い科学知見やボランティアの模型ヨットも美味しい酒もヴァ-チャルで、実際は病人や老いの貧しさなどがリアルなのだろうと思いました。
 英語も勉強せずまともな本も読まず青学出てろくな仕事があるはずはなく、わが子に早く人生の本当の姿を知ってほしいと思いました。2016年10月26日。


未分類 | 08:41:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
禅 心をかたちに展
 忙しくならない内にと5月12日、京都国立博物館の「禅 心をかたちに」を見てきました。
前半は有名僧の肖像と書籍ばかりで、ハーバード大の記念品でも見ているかのようでつまらなかったです。
図は雪舟等楊の作品ですが達磨の着衣はのっぺらで奥の岩穴が3Dと思うくらい迫力でした。

zen01.jpg


 有名僧が死ぬとき、弟子のだれにも印加を与えず、彼らが法を説くのを禁じたそうですが、いまどきの臨床研修からすると、それは自身に教育能力がなかったことならないかと感じました。

2016年5月31日、Canon N650Uの画像をヤフーオークションで購入したEPSON GT-S640の画像に変えました。画質がまったく違います。

未分類 | 20:19:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad