■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
六甲アイランドカップ179最終回
「PETボトル模型ヨット 風来坊セイリング」として独立

2014年に六甲アイランドカップのブログを始めて2016年3月までに178回の記事を書きましたが、もともと電子カルテなど医療関係を扱うつもりだったので、タイトルに無理があり移行を考えていました。
PETボトル模型ヨット 風来坊セイリング」として独立させました。順次こちらを消して移します。

六甲アイランドカップ179最終回

スポンサーサイト
模型ヨット | 06:53:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ178
Crab clawトリマラン4 a trimaran with a crab claw sail, part 4

 キールを4cm前に移動させ、5月30日、前のめりに沈するのでキールに錘2個付けテストするとクローズホールド設定でどうにか風上に向かうことができました。驚きましたが、横風では片ハルは完全に浮いて走ることもありました。また、左フロートが密封できていないようで水が入りました。美しい洗剤容器にこだわらず、全て断熱ポリスチレン材で作るのもありでしょう。

 図100  Crab clawセイルPO14号 PO14 with a crab claw sail
PO14CrabClaw4correct.jpg
 PO14CrabClaw4Correct.

 3月11日に動画を載せてあります。PET bottle model sailboat; Crab claw sail PO14

YouTube PET bottle model sailboat-Crab claw sail PO14


 しかし、フロート材料はいくらでもあるといっても、カタマランは沈すると厄介、作成も単胴より手がかかるので、ロング単胴艇にこの大きさのcrab claw をのせるとすると、1Lボトルでも逆V型マストの開きが8cm、長さ26cmでぎりぎりです。

 新年度も助成をお願いしていますが、現役子育てのお父さんグループが活動に参加してくれることを望みます。英語話せる必要はありません。模型作り指導もお願いするだけです。メールなどで連絡取り合い、ホームページの必要か所だけ修正すれば良いです。よろしくお願いします。

六甲アイランドカップ178


模型ヨット | 13:46:33 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ177
Crab clawトリマラン3 a trimaran with a crab claw sail, part 3

 昨年の記憶があいまいで流れがおかしかったので、前々回と前回ブログ修正しました。
 予定した艇長35cmはなかったので図99のようにキールを後ろ寄り(破線ではなく実線)して、セイルの効果中心を3cmではなく4-5cm前にしようとしましたが、セイルがcrab claw sail本来の位置に近づいたため4.5cmほど効果中心が前方にいき、結局、セイルの効果中心が約8cmも前だったことが分かりました。これではリー・ヘルムも仕方ありません。ヘルムの検討のため後方の船体はテープ仮止めなので、さらに前に移動させます。

 図99  Crab clawセイルPO14号のヘルムの検討 The helm in PO14 with a crab claw sail
PO14CrabClaw4.jpg

 テストをしていると六甲アイランドに住んでいるハワイ出身の方が、興味を持ってくれました。ポリネシアではこのリグは良く知られています。美しいと感じるのは、沖縄出の私にもその血が流れているのかも。

 きれいなCrab Claw Sail (netから)
ClawSailLapita1.jpg

六甲アイランドカップ177


模型ヨット | 10:34:18 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ176
Crab clawトリマラン2 a trimaran with a crab claw sail, part 2

 大久保艇から教えてもらったCrab claw ですが、2015年5月28日、テストしました。セイルも大きくマルチハルなので、風が弱くても引き波が立つほど走りましたが、クローズホルド設定でも風下に向かう傾向が強く、錘もないので最後は豪快に沈しました。引き波は速度ではなく船体がまずい可能性もあります。

図98 昔のトリマラン模型 model trimarans in old days
nov-08-f.gif

 2015年9月にネット検索。ニュージーランドのhttp://www.duckworksmagazine.comに似た昔のイラストがありました(転載許可あり。by courtesy of duckworksmagazine社)。ラジコンがなかった頃はこれで遊べたのです。

六甲アイランドカップ176


模型ヨット | 13:00:27 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ175
 Crab clawトリマラン1 a trimaran with a crab claw sail, part 1

 2015年5月27日、PO3号のシャンプー容器製ポンツーンが余ったので、Crab clawセイル用にトリマランを作りました。ヘルムの検討が主で、簡単に細棒でつないだので、カニというよりカマキリ(ザリガニ)風です。図97の細い黒線がカーボン製傘のextensionを使ったマストです。逆V型の開きは11cmで高さは約20cmでした。横の梁はPO3の残物。
 前回の失敗艇の材を電熱カッターで切断してキールを入れる隙間を後方から開け、後部艇体に使いました。表面は平滑といえないものの、しっかりしており、適当なシャンプー容器の入手が難しいので、マルチハル艇作成にはこれを使いたいです。たくさんあるので希望の方には手渡しならあげます。

 図97 Crab clawセイルPO14号トリマラン PO14 with a crab claw sail
PO14CrabClaw2.jpg


六甲アイランドカップ175

模型ヨット | 08:15:09 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。