■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

Arataniレポートの真実1
 まずジャブ1発ですが悶絶するボディーフックになるでしょう。もっと整えてから出す予定でしたが、厚労省が池田処罰に迷わないように、なすりつけ派の逃げ口上をつぶすため、部分的ですが繰り上げて出します。今年(2017)11月の世界神経学会で過大評価されないよう関係者に伝える意味もあります。池田脳抗体の村中記事と同じくらい重要なので、責任を明らかにするため署名入りで出します。

 Scientific Reportsは速報誌です。Journal of Xと称されることが多い学術雑誌では専門学会が厳しい審査をするので投稿しても採用されるとは限らず、採用されても出版まで時間がかかることが多いです。出版されて始めて業績になるので(投稿の早さは参考程度)競争が激しい領域では、これらを嫌って速報誌に投稿もあります。その紹介(*1)では、事前評価は「1人以上の査読者」とあるので1人のこともあるのでしょう。学際的速報誌ですから審査員が適切とはかぎりません(このブログシリーズで審査がこの程度かとわかるでしょう)。

 今回はArataniレポートを詳しく紹介しませんが、彼女らが売りにしているHPVワクチンと血液脳関門を壊すための百日咳毒素を投与したマウスの第3脳室が傍にある視床下部病変により圧迫されて狭小化している(図1上段)ということに疑問です。

図1 Arataniレポートの異常脳室狭小正常図譜にも見られる

第3脳室Aratani正常比較

 下段は「正常」マウスの第3脳室ですが、上段と比較して差がありますか?上段と比較して差はないでしょう!よって、図1上段がHPVワクチンと百日咳毒素によるものとは断言できないのです。

 このAtlas(*2)はNew South Wales大のPaxinosとMcGill大のFranklinによるもので、学術界にあって厳しく超一流のAcademic Pressが出版し、世界中の研究者が使っている標準の「正常」マウス脳図譜です。これは正常1例ですが、世界的な解剖学者ですから、Arataniらより標本作成技術は優れており標本を見る目は確かなので、標本作成上の人口産物ではありません(逆にArataniらの技術がどうかは今後検証が必要です)。1997年出版以来、20年以上も世界中の研究者が見て、何の問題もなく「正常」マウスの図譜であるとしているのですから、Arataniらがこれを知らなかったら未熟と言われてもしかたないでしょう。

 他の学術雑誌で「研究分野における理論的展開に欠ける」として拒否されたものでも、「技術的妥当性を有する」のであれば、重要性を担保せず、速報誌として採用すると述べています(*1)。HLAの遺伝子頻度を保有率と間違えた鹿児島大学と同じように正常例を異常例と見立てても、「技術的妥当性」には触れないのです。

 Arataniらは「とんでもないいいがかり」と言うでしょうが、このいいがかりを否定できない研究デザインを組んだ彼女らが愚かなだけです。これを避ける方法を、まともな研究者は知っています。この欠点を指摘したこの記事が、現時点では科学的に正しいのです。この記事に納得された方は、この記事引用紹介してください。

 なお、第3脳室の「狭小?」があっても正常というのに疑問の方もいるでしょうが、説明はこれで終わりではありません。私に限らずこの視点からこのレポートを見れば、なるほどという穴が他にもっと見つかります。いずれ順次紹介しますが、研究デザインが劣るこの程度の論文を批判するよりももっと重要なことがあるので、遠回りでも王道的解説の後にします。(今月のワクチン関連はこれまで)

2017年3月15日 小嶺幸弘

(*1)http://www.natureasia.com/ja-jp/srep/journal-information/faq
オープンアクセスの学際的電子ジャーナルで、論文の重要性は担保せず、論文を出版する際には18万円のArticle Processing Chargeが必要。 以下原文;Scientific Reports で論文を出版するメリットは?Scientific Reports での論文出版は、短期間での論文掲載が必須の場合、研究分野における理論的展開に欠けるものの技術的妥当性を有する論文の場合、否定的な結果を記述した論文の場合などに対応しています。
(*2)The mouse brain in stereotaxic coordinates. Paxinos, G and Franklin, K.B.J., Academic Press, New York, 1997

子宮頚がんワクチン副反応74
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

スポンサーサイト
子宮頸がんワクチン | 23:56:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
アマゾン村中書評1
 先の記事アマゾン村中書評2の元になった私のアマゾン書評を転載です。規制が厳しくURLは禁止なので記事の引用は日付にしました。

 宇多田ヒカルファンさんは2560字の書評ですが、本のどこが間違いと言っていません。ということは書かれていることは正しいということですね。
 公で本の内容に直接関係のない問いをしていますが、著者はレビュー参加できない仕組みなので、彼女が答えられない不利なことがあると誤解されないように、頼まれてはいませんが、子宮頚がんワクチン問題の科学的解説ブログ「神経内科一歩前進」から答えるのは、責任でもあり権利でもあります。()内は同ブログの記事日付です。

 静岡てんかんセンターの脳血流シンチ所見は心因性障害にも見らるので、研究デザインが間違っていると神経学会会場で指摘されました(2016-05-19)。脳脊髄液所見も疫学裏づけなく、紛れ込み否定は今後の課題ですね。
 鹿児島大学の荒田仁医師がHLAアレル頻度を保有率と誤解して、32015年に検査群で多いとして、ヨーロッパの確かな疫学研究によってHPVワクチンでは神経免疫異常が増えていないこと(2015-11-20)に弁解を試みましたが、その誤解を指摘され、村中さんも京都大学大学院医学研究科附属ゲノム医学センターの松田文彦教授の協力で、HLAアレル頻度はp値0.0162で有意差はないとしました。
 ブログでは健常者の保有率を推定し、一般的な有意水準5%でも差がないことを示したので(2016-04-07、鹿児島大学P値(両側)= 0.08549>0.05で有意差なし。信州大学P値(両側)= 0.71698>0.05で有意差なし)、厚労省も異例見解発表「データは、症状が出た方のみについて集計されたものであり、HPVワクチンと脳の症状との因果関係を示したものではありません。また、少数のデータであるため、約8割という数字は、確かなものとは言えないと考えられます。したがって、このデータからは、HPVワクチンが記憶障害などを起こすと言うことはできず、この遺伝子を持っている方に、HPVワクチンを接種した場合、記憶障害などを起こす可能性が高いと言うこともできません。」をしました。
 さらに、「子宮頚がんワクチンでHLAが死んだ4つの理由」を述べた(2016-07-21)ところ、2016年11月の荒田論文では、HLAについてはわずか片段7行、全角換算130字分スペースで保有率(ブログのとおり健常者で62-64%)のみ記載、理由のとおり有意差については一言も述べず、考察もなしですから、彼らの完全な負けです。
 各種抗体が陽性と自慢でしたが、池田教授でさえこれを否定し、ブログでは本来の自己免疫疾患患者が多く含まれているのでは(2016-05-24)と逆手を取られ、進退窮まったというのが実情です。
 なすりつけ論文がいくつあるといっても、免疫治療はプラセボー効果が否定できませんし、荒田の別論文で、神経学の祖シャルコー以来の心因性障害の診断を彼らができないことが明らかで(2016-05-24)、池田教授らの英文報告にも問題あります(2016-07-30、同09-01)。脳抗体についてはここで述べる必要もありません(2016-12-09)。どれも肝心な疫学については全く無視するなど、業績として報告集に入れると責任を問われるレベルです

 なお、高名な岩田健太郎教授は子宮頚がんワクチン接種再開支持の方ですから、たくさん切り貼りして彼を持ち上げている書評子の認知力が?ですね。過去にも吟味しない引用がありました(2016-01-24)

 答えが長くなり申しわけありません(文末まで1725字)。彼の書評が許されるなら、この書評も、システムの欠陥を補い、本の内容に関連するものとして公平に扱われるべきです。書評を越える議論は各々のブログですべきですが、彼の熱心な「ニューロドクター乱夢随想録」では子宮頚癌ワクチンについてはなぜ書かないのでしょう本名でもgoogle検索しましたがなく、「見逃し症例から学ぶ○○」を執筆するくらいですから今後に期待です。

 村中さんは確かに子宮頚がん患者の診療をしてはいないのでワクチンを広めようというより、1科学者(医師)として偽りの科学は許さないというのが基本でしょう。マスコミで既成事実化している中、多大な労力を費やした勇気あるドキュメンタリーであり、一読を勧めます。

子宮頚がんワクチン副反応73
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)


子宮頸がんワクチン | 22:23:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
階段の踊り場で at a staircase landing
階段の踊り場で at a staircase landing

 下書きいくつも抱えていますが、これまで登ってきた階段を振り返り、この先を考えます。

 2014年にNHKテレビの子宮頚がんワクチン報道の批判をしました。なすりつけ派女親方のぼやきはあったものの小波さえ立たず、こちらも模型ヨットの方が主でその苦労だけで平和でした。
 ところが2015年10月にRiko du Japonが戦争を始めたので、彼女を守るため参戦しました。HLAだけでなく解決すべき問題は山積みでした。DSMでさえ分かり難い記述で味方かどうか定かでありませんでした。もともと研究を考えると夜も昼も関係なかったですが、この戦争でも夜中に目が覚めると、するべきことが次々浮かんできて、できるかどうかわからないがやらざるえないという圧迫感がありました。年末は年賀状も書けないほどでした。精神疾患を発症するというのはこういうものなんだろうと追体験をしている気がしました。2016年には神経学会に味方がいないことが分かって、Rikoさんも同じだと思いますが、自分がやらないと日本が大変なことになると、身を削る思いでした。
 これに耐えて、DSMなどは解決しました。2016年3月からは5月の神経学会対策で全力投球し、HLA以上に大問題になったであろう脳血流など「なすりつけ」派の発表を一人でつぶしました。
 その時に笑わなくなっている自分に気づきました。心因性障害は正しく診断しても、家族や周りの医療スタッフの無理解など解決できない苦しみが一杯です。以前は、どちらかと言うと、知らずに人を傷つけることはあっても、自分が傷つくことはなく、やりたいこと信じることをやって、影はありませんでした。しかし、この問題で定期的にネット検索をしていますが、相手方の記事を読むと、自分たちで治療の道を塞ぐだけでなく他も巻き込むという、どうしようもない悲しさがあります。1年以上連日近くこのような苦・不快を味わうと、人間が変わってしまいました。脳のテレビ特集で苦情処理係りがうつを発症した例が報道されたように、誰でも精神疾患は隣にあるものです。
 私が踏みとどまったのは、DSM5など頭にあることを一つずつ文章にして片付けていったことによりますが、Lorna Myers「心因性非てんかん性発作へのアプローチ」の中で、たくさんのことを抱えこまないことが解決策の一つだと教えられたこともあります。本当にあなたがすべきことですか、会社の誰かに話して他の人にやってもらえることではないですかという、認知行動療法につながるものです。2016年後半も池田脳抗体でRikoさんを守るため、比喩ではなく実際に歩きながら原稿を書いたりしていましたが、Myers忠告に従って、2017年京都の世界神経学会応募などはパスしました。これはマイナスですが自分を守る選択でした。

 去年からある行き違いが裁判の影響かと、足踏みもありました。振り返りの中で、苦しむのは、会社が要求しているわけでも「疫学」派が要求しているわけでもなく、あんたが(つまり自分が)そうしているのだろうということに気づきます。Rikoさんのような才能はなく、朝晩費やす自己犠牲によるここまでの成果ですが、読む人は少なく、読んでも当たり前としか思われないでしょう。
 足踏みも解決しました。池田教授のデータ不正を独自に指摘してRikoさんも守ることができ安心なので、今後はワクチンについては5日15日25日で日を限って書きます(科学に素人の弁護士さんのように、気にしてチェックに来て空振りではかわいそうです)。

 この問題でハッピーな人は誰もいないでしょう。村中さんも私同様に心痛めているでしょう。悩む人こそ笑いが必要です。悩みを多く聞かされる精神科医が自ら向精神薬を飲んでいますが、苦しみを想い浮かべた回数だけ、愉快なことに触れるしか解決策はありません。自分が楽しいと思うことも、人目「私や家族がこんなに苦しんでいるのに何をのんきな」を気にせず書くことにします。人間の精神は自由です。「現実」は変わらなくても、心一つで「世界」は変わるのです。いずれ認知行動療法について書きますが、この方針もその実践といえなくもありません。Take it easyという歌詞の歌もありますが、楽観は物事成就の鍵です、誤解を生むかもしれませんが、子宮頚がんワクチン問題も笑顔を失わずに。
 いずれ、調査委員会やArataniレポートにパンチです。

 2月26日、文意がより明らかになるように直しました。

子宮頚がんワクチン副反応72
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

子宮頸がんワクチン | 12:44:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
アマゾン村中書評2 NANAさんへ
 信州大学についてはイラストだけ未だなので、あるご意見に即応記事です。村中eBookへの宇多田ヒカルファンさん書評に対する反論をに1月24日投稿しました(この紹介は後日)。この反論に対してNANAさんからご意見をいただきました。アマゾンのカスタマーレビューは規制があり、そこには十分に書くことができません。他の方にも見てもらいたい内容があり、ブログに書きます。

 ご意見ありがとうございます。ブログ「神経内科一歩前進」をネット検索して書評に記した日付の記事をたどれば分かったと思いますが、されていないようですね。重複略 村中さんが独自の研究をしたように誤解されているので、この問題に関心を持たれて日が浅いのでしょう。そのような方を大事にしたいと考えて、できるだけ分かり易く説明します。(もしNANAさんが専門職の方であればバカにされたと思わずに、当ブログが一般市民に対する科学的説明を目指していることをご理解して、許してください)

 鹿児島大発表が対照群としてHLA研究所の千単位の検査数使ったので、村中記事の「HLAアレル頻度はFisherのExact検定によりp値0.0162で有意差はない」になりました。これでNANAさんの誤解はなくなったでしょう。

村中wedge記事HLA検定

 しかし、ここを素通りできません。村中さんが{有意水準は厳密な統計解析では1%を設定し、p値が0.01より小さければ「有意差あり」とするが}と断っていますが、これを認めない方も多かったでしょう。そこで私はブログで健常者の保有率を推定して有意水準5%でも差がないと論証し、多くの人が認めました。

 ここで考えておくべきことは、統計の教科書で、有意水準は本質的に任意の値であり、どこが境になるかは問題によりけりということです。ワクチン問題と直接関係ないですが、テレビでシニアの暴力が多いという資料に民鉄協会の駅員に対する暴力行為の円グラフが出ていました。検定がないので、身びいきかも知れませんが差がないように思えたので、休みの日の朝食前にjs-STARというオンライン統計でカイ2乗検定しました。
 60代に対する多重比較で、20代に対してのみ有意となりました。別な年の値もあるし30代とは差がないが、もっと調べると年齢が高いと増えそうな印象です。
20代以下と* p=0.0006、
30代とns p=0.0384、
40代とns p=0.0094、
50代とns p>.05
面白いのはp値0.0094で有意でない(ns)とされていることで、村中さんがHLAアレル頻度の検定で0.01を基準としたことは、一般的な統計でも認められていることを知る材料です。

 私は2016-07-21の「子宮頚がんワクチンでHLAが死んだ4つの理由」で、HLA研究所の対照値を統計の観点から使ってはいけないと論証したので、彼らもそれを認めざるを得ず、最新の論文ではHLA有意差を全く言ってないというのが、私の書評の大きなポイントです。

 コメントが分けられているので、こちらにも要点だけ書きます。重複略
 村中さんが一般の臨床医と違ってワクチン会社の宣伝をしているとのご意見ですが、科学的ではない我が国のマスコミによって既成事実化しているので、自らこの問題を調べる一般臨床医は少なく、自分の患者以外にも発信する方はさらに稀です。ワクチンの効果について神経内科医が答える必要はなく会社の責任と考えていますが、少し関連文献を見るだけで、引用された発言に疑問はありません(会社とは関係ない産婦人科衣笠医師がこれらを説明する講演をしています)。村中さんFacebookへのコメントもいくつも削除されますので、お友達ではなく、ネット上の分析だけですが、彼女と会社とは隙間はあるように感じています(この先、これが誤りと分かれば進んで訂正し、NANAさんにお詫びします)。

 村中さんがこのワクチンを接種していないことを攻撃材料のように勘違いしている人が多いです。この問題にNANAさんは不慣れのようなので、誤解がないように言いますが、HPVワクチンはHPV感染後に子宮頸がんになるのを防ぐものではないです。HPV初回感染を予防するものですから、自分が既感染と考えたら接種する必要は全くないですね。
 こちらは性については遠慮なしに話すように教育されてきましたが、NANAさんが成人女性であるなら、村中さんがどうなのか、これ以上詮索したいですか?

 NANAさんの真剣な問いかけがなければ、この返事は生まれませんでした。あなたと同じ疑問を持たれる方々もいますので、このブログが疑問解消に役立てば、一日費やしたのも無駄にはならないでしょう。気になるのは村中さんが傷つく表現でなければと。

子宮頚がんワクチン副反応71
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)


子宮頸がんワクチン | 23:01:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
池田教授の脳抗体実験の真実4
子宮頚がんワクチン副反応70
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 これまで「池田教授の脳抗体実験の真実2」「池田教授の脳抗体実験の真実3」で実験の不正を指摘しました。実験が正しく行われたら反論できるはずですから1か月待ちましたが、紀州の仙人さんでも反論できないようです。
 信州大学調査委員会報告では、接種は各1匹として村中記事を逃れようと画策しているようですが、こちらは公開された資料から批判なので、口裏合わせてもダメです。調査委員会報告については次回述べることにして、ここまで記述が長いので、明らかになったことを科学に素人の弁護士さんにもわかるように整理します。

 池田教授の脳抗体実験の真実3で述べたように、ワクチンを接種されたNF-kB p50ノックアウトマウスは自然に自己抗体を産出す自己免疫疾患モデル動物なので、池田教授の脳抗体実験の真実2で述べたように、HPVワクチン接種特異マウスがニセ子で、肝炎ワクチン接種特異マウスがアル公で、PBS接種特異マウスがチュー吉だった可能性があります。(ただし、調査委員会が再現実験を行い、HPVワクチン接種特異マウスの血清で抗体は染まらなかったので、他の大学の研究者は誰も池田教授の発表を信じず、追試などしないでしょう。)

池田脳抗体2

 信州大学の論文からわかるように、この特異マウスと野生系を掛け合わせた交雑マウスも病的です。よって、HPVワクチン接種特異マウス血液と、対照となるPBS接種特異マウス血液に使用した標本の交雑系マウスは同一個体である必要があります。繰り返しになりますが、池田発表スライドではHPVワクチン接種特異マウス血液と、対照となるPBS接種特異マウス血液に使用した交雑系マウスは同一個体ではないです。ワクチンと関係ない自己抗体産生という研究デザインの誤りに加えて、さらなる不正です。

図6 マウス脳の前額断(*1)、
Ikeda201603MouseBrain3.jpg

図7 池田発表PDF、拡大して再掲。
Ikeda201603MouseBrain4.jpg 

 これらを踏まえ、厚労省は「平成28年3月16日の成果発表会における池田修一氏の発表内容に関する厚生労働省の見解について」を発表し、「厚生労働省としては、厚生労働科学研究費補助金という国の研究費を用いて科学的観点から安全・安心な国民生活を実現するために、池田班へ研究費を補助しましたが池田氏の不適切な発表により、国民に対して誤解を招く事態となったことについての池田氏の社会的責任は大きく、大変遺憾に思っております。 また、厚生労働省は、この度の池田班の研究結果では、HPVワクチン接種後に生じた症状がHPVワクチンによって生じたかどうかについては何も証明されていない、と考えております。」と述べています。

 このような人が厚労省の研究班班長に留まることは許されません。解任し、混乱の責任から2017年度の研究費は認めるべきではありません。

 脳抗体については、なすりつけ派のACドクターズも恥として口にしないでしょう。ワクチン訴訟でも不利になるのは明らかで、逆切れ池田教授を弁護団がなだめるしかないでしょう。次回の調査書を読むで、恥がもっと明らかになるでしょう。

(*1)Mouse Brain in Stereotaxic Coordinates 1997

子宮頸がんワクチン | 12:54:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
次のページ

FC2Ad