■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

六甲アイランドカップ 8
舵の作成と走行ユーチューブ投稿 making of a rudder and YouTube upload of test run

 舵(漢字が難しいので以後ラダーとします)は、ハンガーの針金を使いました。船台用とちがいビニル巻きでない細いものがあります。家になくても1個くらい誰かから交換でもらえるでしょう。船体の船尾を先にカットして大きさを合わすので、図7はあくまで参考図です。ラダー棒tillerの先端はヒモ留めのループが必要です。ラダー棒とラダー軸を90度に曲げたら、下から1-2cmに切った細いストローを入れます。その後、ラダー板部を曲げます。ストローだけでは弱そうなので、補強に使い古しのワインコルクを切って使いますが、Aプランでは船尾下に出っ張りがあるので船尾と間を調整する役割もさせましょう。
この出っ張りに軸穴を開けるつもりでAプランを考えましたが、コルクで逃げるのが簡単です。

図7 舵 rudder
rudder1.jpg

 ラダー板の大きさや形状はヨット設計で重要ですが、私は関係したことはありません(だれか指針を教えていただけるとうれしいです)。実際の走行で修正できるようにラダー軸と板は仮留めがいいでしょう。
 2014年2月21-22日、テスト走行で風上に自動的走行を確認しましたが、頻回にタッキング(風上に向けて帆や船体の向きを変えること)となり、スピードが落ちました。だれか知恵を貸してください。ヨットは旋回性能が長所ですが、この計画ではラダーはあまり効かない方が良いかもしれず、もっと小さくする方向です。
 ユーチューブ投稿は初体験でしたが、この様子をのせました。オープニングの六甲アイランドの写真は、発熱して妻から帰宅禁止?とされホテルに泊った時に撮ったもので、動画にぴったりです。ビデオ編集で学んだことは、静止画と字幕で数秒続くと苦痛だということです。BGMもフリー提供している「甘茶の音楽工房」から借用しましたが、こんな曲を作れる人たちは私からすれば天才としか思えません。
http://www.youtube.com/watch?v=jhK96muz5e8



スポンサーサイト
模型ヨット | 21:46:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ6
400クラスの作成1 making of 400 class (part 1)

図4 400クラスのライン lines of 400 class
lines of 400C

400クラスは円柱状の2-3が短いので、マストを立てる1-2が前後にも球面です。そのため押し下げて船体の横はりであるビームbeamにすることができません。2より船尾側ならできますが、マストの位置が少し後ろになるためセイルがきゅうくつになります。1-2が立体形状なので500クラスのより変形に強いので、そのままアーチ状のマスト立てにします。 
底面の2’-3’にセンターボードを挿す溝を開けます。400クラスでも船尾は図のAプランでなくBプランにすることもできます。キャップを軽量化のため切ってみましたが、意味ないです(ワインコルクを挿しています)。
PETボトルが透明で、分かりやすい写真を撮るのが難しいので、暗くしてみました。

図5 400クラスの初姿 the first view of 400 class
the first view of 400 class

切るのは、準備で述べた糸ノコでしたが、100円ショップのクラフト用金ノコは刃のくりが鋭くなく「できないことはない」レベルでした。ホームセンターで金ノコ刃だけ買って、分厚く紙で巻いて使うことも昔やっていました。電動ドリルを持っているなら、小円盤カッターが安いので良いでしょう。電熱カッターは約1500円のようです。
 マスト穴とセンターボード(直線6cmでキールというとは大げさすぎるので)は、細い電気ハンダごてan electric soldering ironで開けました。ハンダごては長く留めると穴が開くだけでなくその周囲が熱変形するので注意です。1cm程開けたら、金ノコ刃を挿しこんで切る方がうまくいくような気がします。
  くれぐれも切り傷や火傷をしないように注意してください。次回は、500クラスと共通なセンターボードの作り方の予定です。

模型ヨット | 17:58:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ5 船台
船台の作り方 How to make a stand for a model sailboat

船体の作り方の図が間に合わないので、船台を先に紹介します。センターボードがあるので船台は必ず必要です。段ボルー紙は耐水性に難あり、木板はきれいにできますが入手が簡単なワイヤーハンガーが良いでしょう。
図B1
base1.jpg

 ハンガーの中心から約6cm離れた位置で両肩を同じ側に90度曲げます。フック部も同側に曲げます。

図B2
base2.jpg

 図B1の肩の右立面を倒して底面にし、左立面を押し上げ90度にします。次にフック部を押しこみます。

図B3
base4.jpg

ブックエンド様になりました。これを2個準備します。

図B4
base6.jpg

2個を逆向き合わせ、台を仮留めします。このままでも使えます。

図B5
base7.jpg
船ができてから船体に合わせてフック部をペンチで切り、船首部を高く狭くするなど形を整えます。

模型ヨット | 21:00:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ4 風上走行
ヨットが風上に向かって走る理由 Why does a sailboat run against the wind?

このブログを見る人は知っていると思いますが、ヨットに興味ないが子どもにせがまれて六甲アイランドカップに参戦する方のために、簡単に説明します。

図4 風上走行の原理 Principle of sailboat running against wind
Principle of sailboat running against wind

 風下に流される帆かけ船と違い、ヨットは風上に斜め走行できます。図4のような位置で、帆には飛行機の翼と同じ揚力が矢印の方向に発生します。このベクトル(強さと方向と合わせ持つもの)の内、センターボード(大きいヨットではキール)が横流れを防ぐので、船の横方向への力は打ち消されます。すると、船の前方向への力は図4の推進力の分だけになります。
 風速と帆の性能で揚力が決まります。船が走り出したら船のスピードが、環境の風速(止まっている観測点に対する通常の風速)に加わり、ヨットに対する真の風速となりますが、気にする必要はないでしょう。

 人が乗って風に合わせ操縦するのと違い、模型ヨットでどうしたら目的の風上走行ができるでしょう?そこで考えているのが、独自(検索が100%ではないですが)の案、図5です。ただし、実証していませんので、他のアイデアを考えていただけると嬉しいです。
 メインセールを下で押さえるブームに糸rudder threadをつけ、ラダー握り(ティラーtiller)の先に留めます。そうすると、セールの出た方向にティラーが引っ張られるので、舵の働きでAのように船首が左(風上方向に)に回ります。進行すると次第にBのようになりますが勢いでCに至るでしょう。こんどは、セールとティラーが逆になるので、船首が右(やはり風上方向に)に回ります。これを繰り返して、風上のゴールに行くはずです。
 また、舵が余分に回らないように、舵留めを用意しました。別の回で述べます。

図5 自動的な風上走行のプラン An idea for self-running to the wind
An idea for self-running to the wind


模型ヨット | 20:49:14 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ3
PETボトル模型ヨット作り:基本デザイン Basic plan for model sailboat of PET bottle

図2 ボトルの部位 Parts of the PET bottle
yacht1aa.jpg

説明のため図2のようにボトルの部位を呼んでおきます。
足部がすり鉢状のボトルもありますが、5本足の方が船には合いそうです。重要なセンターラインをどのように書くか悩みましたが、糸を引っ張って対称的になるように要所をテープで留めるとうまくできました。舵とセンターボードとマストの位置などを油性ペンで印しました。
Mark on the bottle with an oil pen along the center line fixed using a thread.

図3 基本計画 Basic plan for model sailboat of PET bottle
yacht1bb.jpg


薄い灰色部は切り取りです。5本足のどちらを船底bottomとするかでAプランかBプランになります。これとは別に、ボトルの形状で400クラスか500クラスになります。どちらも1-2の間にマストを立て、船底の灰色部にセンターボードの溝を開けます。
500クラスで、4-5はボトル直径7cmに合った円周分です。そうすると、1-3を押し込んで平坦なビームにできます。マスト部の補強のため2-3の部分を折り込んで、1-2と2-3が折り山で一体になるようにします。
Choose A plan or B plan for the stern, and make a deck plan depend on the bottle shape. On the 500 class, the arc length of 4-5 is as same as the bottle diameter, around 7 cm. After cutting a deck line, push down 1-2 for a beam, and fold down 2-3 to make it firm.

模型ヨット | 20:57:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ2
PETボトル模型ヨット作り:準備 Preparation for model sailboat using PET bottle

PETボトルの中でも炭酸飲料は強度があり適当ですが、円柱状の胴部が長い500ml(仮称500クラス)と短いそれ以下(400クラス)があります。500クラスの方が船首としては鈍ですがマストの配置など工作が簡単です。縦に2分するセンターラインが工作に重要ですが、試作の500クラスには足部まで対称形でした(スポンサーは未交渉なので今回商名は出しません)。使った400クラスのボトルはラインが足部で対称的ではなかったので、センターラインを引く必要がありました(丁寧にやればできます)。センターラインはかすかですが、良く見ればみつかります。
 図1は500クラス試作1号。The first work of model sailboat using PET bottle
model sailboat using PET bottle

 センターボードは使わないDVDケースのプラスチック板で作り、胴部に差し込めるように船底部のラインに沿って切り込みを作ります。重りは釣り用鉛紡錘形7号(約20g)で、タックルベリー店で中古を買いました。構造の発泡スチロールは捨てないで置いていた梱包材。ラダー(舵)と船台はワイヤーハンガーで作りました(船台は自分でも驚くほど)。マストは女竹でもよさそうですが、都会では入手困難なので今回はホームセンターで4mm径の木の丸棒を買いました。ブームboomはストローを使い、帆は未だ良いものではありませんが、三宮の手芸店ユザワヤで端切れから探しました。布というよりラッピング材のようなもので、店員に聞いても正式な品名はわかりませんでした。ラダー板はDVDケースとゴム板を試していますが、後者はさみで切れるので帆走テストの結果で大きさや形を変えられるので100円ショップで買いました。ラダー留めは細いストローを使ったので強化にワインのコルクを使いましたが、女竹だけでもできるでしょう。ウィンチに似たものは押しピンで、後で説明するラダーのナビ板に使う滑り止めシートとともに、100円ショップで買いました。クリ-トはゼムクリッムを変形し、100円ショップのミニクリップと合わせて使います(もっと良い仕組みを考えてください)。ビニールテープ、糸(レース糸が太さから適当)なども100円ショップで十分。船台用のワイヤーハンガー2本、ラダーに使う針金(これもビニル被覆でない細いワイヤーハンガーから取りました)。
 道具は、スチロール用と他プラスチック用接着剤、ハサミ、カッター*、金ノコ(糸ノコでやりましたが1cm幅の通常の金ノコ単体がよさそう)、ペンチ(ワイヤーハンガーを切り曲げるのでミニでないものが必要)が必要ですが、大きめのペンチ以外は100円ショップにありです。
 *あれば電熱カッターも。細すぎてあまり役立たなかったハンダごてで代用しましたが、これらを使わずできるかも。


模型ヨット | 20:27:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ1
第一歩 the first step

 六甲アイランドは神戸市にあり、計画的な市街を持つ人工島ですが、バブル崩壊や神戸震災の後から賑わいが減り、自治会などが努力されています。
 アイランドセンター駅周りの池で夏には子供が水遊びしていますが、模型ヨットを走らせてみたいと考えていました。ラジコン ヨットは値段が高く、スマホのbluetoothも調べてみましたが、車はあってもヨットはありませんでした。2013年12月25日放送のNHKの「テレビでフランス語」の中で、パリのリュクサンブール公園の池で風まかせの模型ヨットで子供たちが遊ぶ*のが名物であることを知りました。風まかせでもいつかは岸辺に来るので、拾い上げて再び適当に走らすようです。アイランドの池も大きくないので風上走行ができれば、吹き寄せられた所で再セットして浮かべればゴールまで行けるはずです。
 そこで炭酸飲料に使われるPETボトルで模型ヨットを作りました。材料は100円ショップで間に合いますが、不思議に良いものができました。関心のある人は必ずいると思うので、プロジェクトチームを作ってルールなどを定め、子供たちに帆走の原理を遊びながら教え、模型作りを通して家族一体で楽しめるでしょう。
 六甲アイランドにはカナディアン校やドイツ校もあり外国人も多いので、いずれRokko Island International Cupと名乗ることもあるでしょう。炭酸飲料の会社にスポンサーをお願いして、レースの勝者には飲み物やサンドイッチなどをあげることができるかも知れません。夢は、アメリカズ カップなみなので、ぜひ一緒にやりましょう。
*様子はle jardin du Luxembourgとbateau(船)で画像検索するとたくさんあります。
1例


模型ヨット | 20:17:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
語学CDの処理4
音声はできるだけ細分化するのが練習に有利だが、ICレコーダーでファイル数の制限もあり、本と照らし合わせる時にまごつかないよう、1対話はまとめたいもの。audacityでwavファイルを結合まで述べるのが親切というもの。

1)結合するwavファイルをdrag&dropした。
audacity結合1

2)上図の赤丸のタイムシフトツールをclickすると、カーソルがツールの形に変わるので、後ろにずらすtrackの上で左clickしてそのまま右方向に引っ張ると波形がスルスルと同じ方向に移動します。
audacity結合2

3)ファイルメニュから「書き出し」を選択する、下のアラートが出ます。OKすると、2つのファイルが先頭から1本なります。
audacity書き出し1
audacity書き出し2

私は、audacityは、audioに語が似ているので、SimCityの様な合成語と思っていました。しかし、「大胆」「ずぶとい」というれっきとした英単語であることに、記事を書く中で知りました。たしかに、完成度は高く、crashは少ないですが用心しましょう。こんな素晴らしいソフトなので、いろんな人が利用法を公開するといいですね!


語学 | 18:52:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
医学部入試小論文回答してみた
2014年ある私立医学部入試の小論文問題を見たので、回答をしてみた。400字以内だが335字になった。

 筆者は緩和医療の視点(立場)からナラティブな医療の重要性を訴えている。<ここでは述べられていないが>EBM以前の非合理的な医療があった<そうなので、その>ことは踏まえないといけないが、クリニック院長が宗教の重要性を話した時にうすら笑いを浮かべた学生たちは、エビデンスに基づく医療に偏っていると推測している。
 院長がナラティブと宗教の間をどう結んだか分からないが、人の一生はナラティブであるという筆者に同感である。<私が思うに、>ナラティブな医療が、エビデンスに基づく医療と相反するわけではない。お互いに補うものである。
 科学の限界を知らない者は科学者のふりをした科学教の信者であるという筆者の指摘を心に留めて生きたい。私にもまだ十分な経験はないが、ナラティブ医療といわずとも人生で挫折を知らない秀才だけが医学部に入るのは不幸なことと思える。

 回答にヒネリはないが、模範解答を目指して率直にかけば、こうなるだろう。かかった時間は20分くらい。

2015/8/19 、福岡大学医学部2014年小論文です。より明確になるように< >内を追加しました。それが導く部分は医学について理解がかなりないと書けないので、評価されると思います。追加分、335より字数は増えています。

未分類 | 00:05:04 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad