■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

六甲アイランドカップ2
PETボトル模型ヨット作り:準備 Preparation for model sailboat using PET bottle

PETボトルの中でも炭酸飲料は強度があり適当ですが、円柱状の胴部が長い500ml(仮称500クラス)と短いそれ以下(400クラス)があります。500クラスの方が船首としては鈍ですがマストの配置など工作が簡単です。縦に2分するセンターラインが工作に重要ですが、試作の500クラスには足部まで対称形でした(スポンサーは未交渉なので今回商名は出しません)。使った400クラスのボトルはラインが足部で対称的ではなかったので、センターラインを引く必要がありました(丁寧にやればできます)。センターラインはかすかですが、良く見ればみつかります。
 図1は500クラス試作1号。The first work of model sailboat using PET bottle
model sailboat using PET bottle

 センターボードは使わないDVDケースのプラスチック板で作り、胴部に差し込めるように船底部のラインに沿って切り込みを作ります。重りは釣り用鉛紡錘形7号(約20g)で、タックルベリー店で中古を買いました。構造の発泡スチロールは捨てないで置いていた梱包材。ラダー(舵)と船台はワイヤーハンガーで作りました(船台は自分でも驚くほど)。マストは女竹でもよさそうですが、都会では入手困難なので今回はホームセンターで4mm径の木の丸棒を買いました。ブームboomはストローを使い、帆は未だ良いものではありませんが、三宮の手芸店ユザワヤで端切れから探しました。布というよりラッピング材のようなもので、店員に聞いても正式な品名はわかりませんでした。ラダー板はDVDケースとゴム板を試していますが、後者はさみで切れるので帆走テストの結果で大きさや形を変えられるので100円ショップで買いました。ラダー留めは細いストローを使ったので強化にワインのコルクを使いましたが、女竹だけでもできるでしょう。ウィンチに似たものは押しピンで、後で説明するラダーのナビ板に使う滑り止めシートとともに、100円ショップで買いました。クリ-トはゼムクリッムを変形し、100円ショップのミニクリップと合わせて使います(もっと良い仕組みを考えてください)。ビニールテープ、糸(レース糸が太さから適当)なども100円ショップで十分。船台用のワイヤーハンガー2本、ラダーに使う針金(これもビニル被覆でない細いワイヤーハンガーから取りました)。
 道具は、スチロール用と他プラスチック用接着剤、ハサミ、カッター*、金ノコ(糸ノコでやりましたが1cm幅の通常の金ノコ単体がよさそう)、ペンチ(ワイヤーハンガーを切り曲げるのでミニでないものが必要)が必要ですが、大きめのペンチ以外は100円ショップにありです。
 *あれば電熱カッターも。細すぎてあまり役立たなかったハンダごてで代用しましたが、これらを使わずできるかも。


スポンサーサイト
模型ヨット | 20:27:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイランドカップ1
第一歩 the first step

 六甲アイランドは神戸市にあり、計画的な市街を持つ人工島ですが、バブル崩壊や神戸震災の後から賑わいが減り、自治会などが努力されています。
 アイランドセンター駅周りの池で夏には子供が水遊びしていますが、模型ヨットを走らせてみたいと考えていました。ラジコン ヨットは値段が高く、スマホのbluetoothも調べてみましたが、車はあってもヨットはありませんでした。2013年12月25日放送のNHKの「テレビでフランス語」の中で、パリのリュクサンブール公園の池で風まかせの模型ヨットで子供たちが遊ぶ*のが名物であることを知りました。風まかせでもいつかは岸辺に来るので、拾い上げて再び適当に走らすようです。アイランドの池も大きくないので風上走行ができれば、吹き寄せられた所で再セットして浮かべればゴールまで行けるはずです。
 そこで炭酸飲料に使われるPETボトルで模型ヨットを作りました。材料は100円ショップで間に合いますが、不思議に良いものができました。関心のある人は必ずいると思うので、プロジェクトチームを作ってルールなどを定め、子供たちに帆走の原理を遊びながら教え、模型作りを通して家族一体で楽しめるでしょう。
 六甲アイランドにはカナディアン校やドイツ校もあり外国人も多いので、いずれRokko Island International Cupと名乗ることもあるでしょう。炭酸飲料の会社にスポンサーをお願いして、レースの勝者には飲み物やサンドイッチなどをあげることができるかも知れません。夢は、アメリカズ カップなみなので、ぜひ一緒にやりましょう。
*様子はle jardin du Luxembourgとbateau(船)で画像検索するとたくさんあります。
1例


模型ヨット | 20:17:21 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad