■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
六甲アイカップ39
リグの可能性2 improvement of rigs 2

 Flying Lateen Rigは、swing rigやuna rigにも似ています。

図39A  swing rigの1例
footy storm swing rigS
 swing rigはマストを挟んで回転可能な1本のブーム上に、ジブとメインセイルが乗っているもので、シートを調整すれば帆かけ船ふうにもできます。

図39B una rigの一例
UnaRigFootyOpus.jpg
 una rigは回転軸とマストが同軸ではありません。図39Bは商品です。六甲アイランドカップでは普及と水準化のため製品は避けていただきたいと思うので、下記の記事を参考に自作してください。
 強度を考えると金属を曲げて作るしかないと思います。アルミでなくても、破れ傘のハブ鉄と曲がり部は硬い針金を使っても作れるでしょうが、バランスのため錘が増えるかも(*)。回転軸より後方のブームは竹など足してもできそうですね。
How to build a UnaRigの中のPeter & Clareさんの記事

(*)ダイソーの中国製木6mm45cm:3.8g、同サイズのラミン木:9.3g、傘のハブ鉄49cm:6.3gでした。以前にも書きましたがラミンではやや不安定でした。


スポンサーサイト
模型ヨット | 18:50:55 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。