■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

六甲アイカップ41
リグの可能性4 improvement of rigs 4

 PETボトルを曲線の穴が開くように切りぬきオリジナルなマストがどうにかできました(図41)。ハンダコテでキャップ近くにブーム用の横穴を開け細い竹を通し、自然に曲がっていた竹をハリヤードとしました。swing rigにRomy rigのマストが加わった形です。キャップを裏返して艇のビームに固定しただけで脱着容易です。ハリヤードは竹なので先端穴に変形クリップのアイを刺して帆を留めています。セイルの高さは40cm、材料はダイエーの袋です。買い物袋は薄くても伸びない強さの分だけ硬くしわになり易いですが、色がきれいで大きさがてごろでした。
 ハリヤードを直線にすれば木の細い棒で良いので材料入手が容易で、金属加工が不要、おそらくuna rig程度には丈夫で、こちらの方が簡単でしょう。standardな艇と比べても美しさはひけをとりません。

 横からの強い風にPETマストの変形がどの程度で済むのか、PETマストが気流にどう影響するか、テストが必要です。ダメなら台だけにして、あぶって曲げた竹を2本組合せたマストを乗せても良いでしょう。ラテンセイルに膨らみを与えるカットは不明です。セイル性能にあげられるアスペクト比は、Una rigではセイル幅の実寸は小さく、問題にならないのかも。

図41 3号艇PETマスト付き POwriter’s Ⅲ with the PET mast
swingSailB.jpg




スポンサーサイト
模型ヨット | 21:21:32 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad