■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

六甲アイカップ51
牛乳パック船台 a ship stand using a milk pack

 児童だけの作成教室には課題が一杯ですが、ハンガーの針金を曲げるのも難しいというので、牛乳パックを使った簡易船台を考案しました。500クラスのPETボトルは直径が約7cm、キールの幅も6cmとしているので、しっかり中におさまります。
 ラダーの軸もハンガーから5cmゼムクリップの針金に移行したので、100円ショップにもあるラジオペンチで足り、工具がそろえ易くなります。

図46 牛乳パック船台 a ship stand using a milk pack
StandOMilkPack3s.jpg
StandMilkPack1.jpg

作り方
 どこにでもある1L牛乳パックを、下から15cmでハサミやカッターで切ります。図のように船尾側をPETボトルに合わせ円周状に切ります。船首側も同様ですが少し小さく切ると良いでしょう。青色底面から2cm、切り込んだ線から下に2cmの横線を定規とペンで引き、次に、縦に4等分する線を引き、図の実線で示した工の字型にカッターで切ります。そして、白塗り部分を内側に折り曲げて隠します。4つの側面に同じ加工をします。道具がそろっていたら10-15分くらいでできるでしょう。後日、側面に色を塗るか色紙を貼ればインテリアとしても使えます。
 見える範囲はハンガーよりかなり制限されますが、安定性重視で幅を13-15cmにしてあるハンガーよりもしまうスペースが少なくて済みます。不安定なら中に紙粘土など重い物を入れても良いでしょう。
 これで一つ解決です。


スポンサーサイト
模型ヨット | 13:14:52 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad