■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
六甲アイカップ71
 10月に向けて To October 

 10月からは麻酔科医が増えるので、速水先生が模型作製に参戦できそうです。POwriterもハローウィンに向けてこれまでの艇の整備をしています。超簡単ヨットの児童館での作成会は延期しましたが、楽しいハローウィン展示になりそうです。

 錘は2倍にすると慣性走行で有利になるかと思いましたが、弱い風での動き出しはやはり鈍く、従来通り7号2個くらいで十分のようです。
 キールはCDから2枚とることを止めて直進性重視で10cmくらいの長さが良いように思われます(牛乳パック船台も後面に縦スリットを加えるだけで使えます)。

六甲アイランドカップ71

スポンサーサイト
模型ヨット | 13:07:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
山形ななめ見
 第38回日本神経心理学会に行き、幻覚はないがLewy小体病疑いの患者に錯綜図をやろうなどと収穫は多かったですが、山形雑感を。
 空港に着くと戸沢村のパブリカをいただきました。図のようにとても大きく立派です。神戸でリンゴより値段が高いパブリカがあり驚きましたが、これなら有り得る話です。
 図イ 戸沢村のパブリカ
パブリカ戸沢村20140926

 駅前は馬祭りができる広場があり疎でしたが、初日が金曜で夜はタクシーよりタクシー代行が多いほどでした。食事をすると、57万石(実高100万石)の米は良い、酒はうまいで、山形大学に来た高校の同級生は勉強したはずはないと確信しました。

 最後の28日、駅前で「日本一たのしい馬祭り」があり、子供の体験乗馬に大学生などボランティアが活躍していました。
図ロ チャグチャグ馬っこ Chagu Chagu Umakko;The parade of workhorses beloved and dressed up. The festival originates in Iwate Prefecture.
チャグチャグ馬子20140928  Chagu Chagu Umakko;The parade of workhorses beloved and dressed up

未分類 | 13:04:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ70
ロボットセイリング robotic sailing

 7月31日、テレビのカンブリア宮殿で孫正義がロボットに200億円以上出しているとありました。ヨットの世界でもコンピューターで自動走行が研究されているようです。

 将来、六甲アイランドカップでもアンドロイド?セイリングはありと考えています。ラジコンで1対1操作はコストがかかり過ぎですか、ラダーを左右に動かす受信機ミニ人形を載せ、数台の有線のコントローラーを1台の送信機につなぎ、コントローラーからの指令を放送し、受信機は自分の指令のみに反応するというものです。指令も受信機のコード番号と右か左の2種操作しかないので、間延びするヨットレースでは指令が重なることもわずかで妨げにはならないでしょう。実態は単なるリモコンなのでロボットセイリングといえないのですが。ラジコン・ヨットとちがいセイルはコントロールしないので、その面白さにはかなわなくとも、低コストでできれば風来坊セイリングより盛り上がるでしょう。

 これとは別に、タイマー設定によって数秒毎にタックするものが簡単そうなので、誰か開発してれくれませんかね。以前にオルゴールの仕組みでカムにより方向転換するものを考えました。大きくてPETボトルでは使えないものの同じ発想の科学オモチャが9月の本屋に並んでいました。

 図59 カムを使った科学オモチャ a book for a scientific toy using cams
magaimg.jpg

 ラジコンでも浅い水深で走れるヨットがあるそうなので、ハローウィンでデモ走行をお願いしたいですね。

六甲アイランドカップ70

模型ヨット | 09:10:55 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ69
稲美のラジコンヨット見学 visiting Inamino One Meter Class fleet

 模型ヨットに費やした多大な時間にさらに何時間か上乗せして、9月21日に加古川稲美町の「水辺の里公園」でラジコンヨットレースを見学してきました。1mクラス艇でさすがに大きいです。会員も大阪から来ている方もいるなど情熱がすごいです。加古川はgoogle地図で見ると虫食いだらけのようにため池がありますが、許可や藻がないなど条件を満たすのは少ないとのことです。

 図58 いなみの水辺の里公園 スタート前 Before the start at the Mizubeno Sato Park
Inamino20140921as.jpg

 模型ヨットの作成者たちだけに、こちらの話もしっかり通じます。スウィングリグではジブはメインの1/3くらいでないとタックできないと教えていただきました。風来坊セイリングの六甲アイランドカップですが、岸辺でタックするという方法を話し、六甲アイランドカップにもいろいろ助言いただけることになりました。

 6号艇のセイルは悪いものを見た目で使っているので、スウィングリグにふさわしいものにしたいと思います。4号艇Ghost Racerのセイルも、ハローウィンまでに直します。

六甲アイランドカップ69

模型ヨット | 08:53:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ68
艇の調整 fitting of sailboats

 東急ハンズセイルの6号艇は、ストローのスウィングリグから、六甲アイランドカップ52で紹介した部品で本格的スウィングリグに変更し、プラスチックカード大のラダーも付けました。このボトルは、緊急で初使用した花王のヘルシアで、Pod部がとても厚く、第2回作成会で子供たちが切れなかったのもうなずけます。9月18日の試走で、追い風はスウィングリグの利点で飛ぶようでしたが、初めに風をはらむようにシートを調整しないと風来坊セイリングではスウィングで受け流されて始動しません。検討課題です。

 超簡単ヨットは、セイルを東急ハンズのオレンジ色に変へ完成しました。ヒール防止というよりも強い風のブローで慣性走行するという観点で錘を2倍にしてみました。9月18日は風が強くなく効果ははっきりしませんが、ヒールの減少は明らかでした。風が持続しない時には有効かと思われます。

 六甲アイランドカップ35で示した水域4の橋の下から水が噴き出していると、水流が複雑な動きをしておりここでの走行は当てになりません。

六甲アイランドカップ68

模型ヨット | 09:34:00 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ67
最短作成ヨット試走 a trial of a model sailboat making easily

 まだ紹介できませんが、7号艇にあたる超簡単ヨットを走らせました。写生大会が行われている中、風が良く、セイルもしわしわのビニルですがビンビン走りました。
 9月14日、渋谷の東急ハンズではオレンジ色のポリ袋はないと店員に言われ、ポリエステル布を50cm300円で購入しましたが、今日15日、三宮の東急ハンズに電話で聞くとあるそうです。ハローウィン色のオレンジで超簡単ヨットをデビューさせたいと思います。

六甲アイランドカップ67

模型ヨット | 12:37:42 | トラックバック(0) | コメント(0)
犬にも欠伸が伝染する 科学は楽しい
 模型ヨットばかりで何しているかと思われそうですが、9月12日から第37回日本神経科学大会に参加して来ました。最終の「共感性の神経基盤」シンポジウムで京都大の心理の藤田和生先生の発表の中で、犬にも飼い主の欠伸が伝染するとありました。良く考えると、欠伸が何をもたらしているか分かっていません。

 また、14日のDr.Fetzシンポジウムを小平市の国立精神・神経センターで聞き、猿の赤核から脊髄運動路関連の発表をしたO先生に、人では赤核脊髄路が無いそうですがと休憩の時に聞くと、詳しくその研究の歴史を教えてくれました。さすが国立精神・神経センターの研究者、嬉しくなって笑みを押さえられませんでした。


病院 | 12:32:35 | トラックバック(0) | コメント(2)
六甲アイカップ66
ヨットの性能について the factors for the performance of a sailboat

 水泳の自由形にバタフライで参加することは可能かもしれません。しかし、バタフライ競技にクロールで参加できないでしょう。それをおかしいと言う人はいるでしょうか。分けると楽しくないとか水泳の発展が妨げられるとか言う人もいないはずです。
 また、人の競技に一部の人しか持っていない特殊水着が禁止されるのは公正の観点から当然です。ヨットレースにも規制が一杯あり、細部まで同じワンデザインクラスもあります。
 六甲アイランドカップ65で、風来坊セイリングでもレースができることは、理解していただいたと思います。ここでは、ヨットに関心がなかった方々にレースに影響する船の諸元について、最低限の復習をしたいと思います。

1)船体の水線長と形状
 走行すると水は抵抗になります。同じ容積では水面上での前後方向が長いほど、つまり細長いほど有利です。流線型が抵抗を減らすことも知られています。六甲アイランドカップでは普及の観点から、水面下のボトル形状は、ヒストリカル・プレゼンテーションを除いて、市販のままで変更しないことにしたいと思います。市販のPETボトルの形状も違いが少しありますので、有利なものを選択で良いです。 
 バウスプリットと呼ぶ船首の延長があり、艇の長さは大きくなりますが水線長ではないので、セイルに制限があれば規格は不要でしょう。しかし、バウスプリットが水面に接すると、抵抗を減らす目的かどうかは審査しがたいので、違反となるでしょう。
2)セイルの大きさと形
 セイルはエンジンです。一般に大きなセイルほど推進力を得ます。大きなセイルを載せるとマストやバラストなどの重量も増すので船体も大きくなります。大きさ等は速水艇を待って決めたいです。
 六甲アイランドでは池が広くなく岸より水面が40-50cmほど下がっているので、岸近くでは風が遮られることがあり、少なくとも30cm以上の高さが望ましいと思われます。
 形は最重要です。普及の観点から、市販のセイルは避け、立体形状のための帆部品の接合も数に制限が必要と思われます。 
3)キールの大きさ
 横流れを防ぐキールも面積が大きいほど有利ですから面積が制限されます。ラダーの面積との合計で考える必要があるでしょう。ヨットは素早い旋回が必須でキールは縦長が多いです。六甲アイランドカップでは直進性重視で横長もありそうですが、バラストが船底から離れるほど有利になり、限られた面積なので工夫が必要です。
4)バラスト
 キールについている錘が軽いと、横風で艇が側方に傾いたときセイルの推進力が落ちます。重いと大きなセイルを採用できますが、水面下の容積も増え抵抗が増えます。それだけではなく、重いと艇を押し出した(厳密に禁止は困難)時に慣性で風と関係なく何mも進むことが多く、重いほど価格も高くなることもあり、最小の重さにしたいと思います。手持ちが30号しかないという方もおられると思いますが、このサイズの模型ヨットには過剰です。

六甲アイランドカップ66

模型ヨット | 16:54:13 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ65
アイランドカップの要件3  How to make a race in Rokko Island Cup

 要件2は、艇の規格の予定ですが、新たに参加した速水艇の仕上がりを待って出したいと思います。これが必要かどうか、カップの内容を先に検討してみます。

 「(どこに行くかわからないのに)レースはできないでしょう。決まった時間にどこまで遠くに行ったかでしょう。」という意見がありました。私からすれば後者もレースだと思いますが、水上を走っている艇の位置を正確に知るのは光学的測定器でも無理です。ゴールラインもない自由空間を岸から2-3m離れて並走し艇の間が1m近く離れては目視でも無理です。思いつきでは誰でもそんなものでしょう。

 六甲アイランドカップを着想した2014年1月から行事内容を考え続けていますが、これまで考えたものを紹介します。検討の下地であり、もっと良い案で置き換えられることを期待しています。

 1)デザイン コンテスト
 浮かばない張りボテは併設した自由研究工作展に出したいと思います(省略の可能性あり)。クラスに関係なく応募していただき、対岸までの帆走を終えたらコンテスト参加資格を与え、レースのない時間帯に室内で展示をする。審査員はボランティアとして働いているデザイン専攻学生か、もしくはその推薦のある者が行う。表賞するが賞品はスポンサーがいれば。
 2)ヒストリカル プレゼンテーション
 PETボトルを自由に改造し歴史的に有名な帆船の模型を作製し、帆走させている間、その由来などを決められた時間内で説明する。船の形だけでなく、プレゼンテーションの仕方や内容も合わせて評価する。審査委員はボランティア参加の学校関係者か深江や神戸の海洋博物館の館長・職員にお願いする。表賞するが賞品はスポンサーがいれば。
 3)レース
 実艇のレースで「1-2番艇が激しく争う中、風の振れでドン尻にいた4番艇が逆転勝利」などあります。これを知らない人は、前言のように思うかも知れませんが、風に合わせて即応できない風来坊セイリングでも、参加者の了解の下、レースが可能です。
 スタートで船首をどこに向けるか、セイルの角度をどうするかなどの技術要因があります。子供では無理なので、助言する親やヨット部学生などをスキッパー(スケットー「助っ人」でも面白いかも)と称して付けて、ペアで戦う形にします。子供主体を印象付けるため子供はキャプテンと呼びスタートは必ず子供がします。両岸で方向転換が必要な場面も多いと思いますが、子供とスキッパーは分かれて交互に躁船することもあるでしょう。方向転換の際には、手で行うか規定のフック棒(60cm)だけで行うかレースごとに決めます。それでも、風の気まぐれでゴール手前で逆戻りもあり、子供たちだけでなく皆が爆笑で盛り上がるでしょう。4番艇でも素直に勝ちを喜ぶだけです。
 レースの一例として、ドイツ校横の水域10は長方形なので、短軸で何往復と決めてその時間が最も早いものの勝ちでいかがでしょう。南から風が吹いていることが多いのでアビームで安定した走りが期待できます。
 PO艇は風上への走行も入れたいので、水域10の途中にある踏み石列からスタートさせ南側10mくらいにゴールのテープを渡しておき、その下にマスト先端が達した時間と、踏み石列から北側に20mくらいのゴールへの時間の合計時間で、勝敗を決めることも考えています。
 どちらも、ストップウォッチ1個とテープとテープ支持台2個でできます。大事なことは、艇を持たない参加者も、参加艇を貸してもらいレースを行うことです。勝者には、ハンバーグやケーキやサンドイッチのいずれか1個くらいは、スポンサーの協力であげたいです。
 参加艇は、六甲アイランドカップBBSに艇の写真と制作者のニックネームを載せることにしたいです。ネット環境がないかレースに間に合わない時は、会場で撮影し後日BBS登録をスッタフで行うこともできます。

 子供だけでの作成など重要な視点を与えてくれた万太郎さんが、この経験を生かして大阪で活動することになりました。模型作成の才能は素晴らしく、忙しいヨット乗りを仲間にするのに苦労されて来たとのことですが、児童館などの関係者に働きかけたら協力者も得られるだろうと思います。成功するといいですね。

六甲アイランドカップ65

模型ヨット | 16:56:22 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ64
児童館ジャンボリーで展示 The display at the jamboree of Children’s house

 宮脇さんや万太郎さんに準備していただいて、9月6日甲南大学での「じどうかんジャンボリー」で展示を行いました。学生ボランティアの西田さん・森山さんも参加。15時すぎまで暑さの中、説明や見守りに頑張りました。
 主催者が径2m近い広さのプールを用意してくれ、万太郎さんのミニミニ・ヨットだけでなく、フルサイズのPETボトルヨットも走りました。子供たちが入れ代わり立ち代わり訪れ、遊んでくれました。船をわざわざ沈める子(必ずいます。大人には理解できませんが、繰り返すので、何らかの心理的欲求を満たして楽しいのでしょう。止めることはしませんでした)、プールを揺すって波浪実験をする子(素晴らしい発想です)など、さまざまでした。

図57 うちわで風を送る参加児童 Children make winds to model sailboats with a paper fan.
jamboree20140906a.jpg


 民生委員のOさんによると、10年くらい前に六甲アイランドで夏に船などを浮かべる行事があったそうです。単に浮かべてワイワイでは消え去るのかも知れません。六甲アイランドカップがその復興・進化となれるようにしたいと思います。

六甲アイランドカップ64


模型ヨット | 09:48:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ63
クリートについて cleats on PET model sailboats

 クリートはロープを留める図56のような備品です。万太郎クリートはそれが簡単な穴でいいというすばらしい発想です。しかし、ロープが面を貫通する必要があります。
 そこで、甲板などの1面で済むクリートを作りました。幅約7mm長さ30mm程度のプラスチック薄板を2つ折り(図54Aの破線)にし、重ねてハサミでくさび状に切ります。これを図54Bのように開いて、一点破線で谷折りにして底面を甲板上に接着剤で貼りつけます。3-4mm径の穴を開ける道具なしで、ハサミと接着剤でできます。糸を穴に通す必要がありません。区別のためにPOクリートとしますが、資料を遡ればあるだろうと思うので意味はありません。他の制作者の参考です。

 図54A(左)、B(右) POクリート PO cleat
POクリート1

 それより、図55のファミリーマートFamily Martのコーヒーの混ぜ棒のスプーン部で作ると、実艇でも使えるクリートヒッチ(図56)ができます。1mm前後のドリルでスプーン部に穴を縦方向に2つ開けます(図では小さなネジ1個ですが、ネジを買うのが面倒)。それほど硬くないので簡単です。両横のふくらみをナイフで削ってバナナ型にします。その後、柄の部分を先端に似せてカッターで整え切り離します。底にも穴を開けアルミ針金で固定します。手がかかりますが、何百年にもわたって船乗りたちが伝えた、「勝手には外れないが、はずす時には容易に外せる」という知恵を教えることができます。名付けてファミリー・クリート。万太郎クリートと併用したいですね。

図55 ファミリー・クリート Family cleat
familyCleat1a.jpg

図56 クリートヒッチのかけ方(青木ヨットから借用)
青木ヨット78fac4a1a898eaa8ecf522ec2c1e1629-150x142

六甲アイランドカップ63

模型ヨット | 23:36:39 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。