■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
六甲アイカップ81
アイランドカップの要件2  A trial version of Class rule in Rokko Island Cup

 速水艇もデビューし、飛び込みの三胴艇も現れました。ヨットの世界を知らない人も六甲アイランドカップに入ってくるでしょうから、残っていた「アイランドカップの要件2」を考えてみたいと思います。

 六甲アイランドカップではPETボトルを使った模型ヨットであれば、展覧走行は可能です(*1)。しかし、レースに参加するためには当然そのクラスの制作ルールに従う必要があります。クラスルールはヨットの世界では常識です。ある範囲内であればデザインが違っていても同じクラスです。常識人がやっていれば、クラス乱立にはなりません。
 もちろん、クラスルールを越えた魅力的な新しい艇は大歓迎で、全く制限のないEXTRA Classをへて賛同者がいれば新しいクラスが生まれるだけです。基本的に風来坊セイリングですが、ZenSailに限らず低コストでできれば、ラジコンを含めたリモコンのクラスができても不思議ではありません。
 ただ早いだけが一番ではなく、実艇でも古い年代物の優雅なヨットが尊敬を集めているように、クラスとクラスに競争はなく、各自が好きなヨットを楽しむだけです。
 
 現時点で提案されているものについて整理しておきます。発想や工夫を大事にしたいので、緩やかな規定です。
  OクラスO class(オレンジOrange):モノハルで、デッキはなく、舵がない、セイル高35cmまでのもの。キール高さは8cm以下、長さは12cm以下。艇のヘルムだけで風上走行できるが、風上走行は必須ではない。ボトル容量は現状500ml。水線長や船底の形状など市販ボトルを変更してはいけない(キール接着などの最小変更は許される)。小学校低学年に向く。
 EクラスE class:モノハルで、デッキはなく、舵があり、セイル高40cmまでのもの。キール高さは12cm以下、長さは12cm以下。風上走行できる。ボトル容量は現状500ml。水線長や船底の形状など市販ボトルを変更してはいけない(キール接着などの最小変更は許される)。小学校低―高学年に向く。(*2)
 PクラスP Class(ピーチPeach):モノハルで、デッキを開け、舵をつけ、セイル高40cmまでのもの。キール高さは12cm以下、長さは10cm以下。風上走行もレース内で試される。ボトル容量が500ml以上600ml未満(将来的にはP5 classと呼ぶかも)。水線長や船底の形状など市販ボトルを変更してはいけない(キール接着などの最小変更は許される)。小学校高学年に向く。(*3)
 超クラスEXTRA Class:いずれにも当てはまらない双胴艇などのマルチハル艇や600ml以上のボトルを使ったものでセイルもボトル形状も制限なし。(*4)

(*1)シャンプー容器でも入手が容易で最低限の横風走行が可能(そのためにはキールが必要)ならレースができるのでクラスとして認められるでしょう。追い風走行しかできないキールがない牛乳パック船でも、浅い水域9で遊べるようにしてあげたいと思いますが、人は配置しても限られた六甲アイランドカップの予算を費やすことはないでしょう。
(*2)忙しい中、初めて作成された速見艇に合ったものです。子供たちが自由に触っても(つまり投げ込んでも)沈まず手がかからない貸出用にもなり、ラダーもあるのが必要と思います。
(*3)500ml未満のボトルに色や形などに面白いのがあり、それを生かしてP4クラスとしたいが、数がそろわない場合は超クラスに入れるかピーチクラスなどに入れるしかありません。<P4クラス案:ボトルが500ml未満で、モノハルで、セイル高30cmまででジブセイルなし、デザイン配慮で舵はあっても良いが、レースで風上走行をめざすものではない。>
(*4)錘がいらない三胴艇や双胴艇も人気がありそうですから、これを推進していただける方が現れたら独立のクラスになるでしょう。

 何だこんなものかと思われたかもしれませんが、ルールは参加者が決めるものです。もっと良い提案があると思うのでご意見いただきたいと思います。

 ハローウィン2日目で実証したレース案は、アイランドカップの要件3の続きとなりますが、スタートで船首をどこに向けるかセイルの角度をどうするかなどが分からないと本当の面白さは出ないので、初めての人にも分かるようなテスト走行まで含んだ実施要綱にする必要があります。

後記:(*2)の一部削除しました。錘の鉛を削るのは難しいかと思い「他の人も作り易いようにまだ改良が必要」としましたが、これを規定とするわけではないのでコメントは不要です。
 錘の重さは60g以下で良いかと思われます。
 また、セイル底辺の長さは、バウスプリットは別としても艇の長さがほぼ決まっており、ヒール要因となる錘の重さもセイルの高さも決められていると、いたずらに幅をとっても性能が上がるとは考えにくいので、今回は規定していませんが、いずれ規定が必要になるでしょう。

六甲アイランドカップ81

スポンサーサイト
模型ヨット | 09:10:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ80
ハローウィン2日目

 朝から修理、13本のガイド棒を作りました。

 図62 レースの開始 Start of a race
Halloween2014-10-26d.jpg

 本番では、子供たちに艇を選ばせ、対岸へのレースを4-5組行いました(昨日と違い、レース艇以外は机上展示)。観客は少なく、右後ろからの極微風なので、盛り上がりはもう一つでしたが、レース実証ビデオを撮れました。子供たちは良く理解して、波を送って応援?したり、賞品はなしですが一着で喜んだりしました。30秒から1分でトップはゴールしていました。片道だけでなら手を離せば終わりなので、レースの前に一定時間テスト走行をさせて、完全な横風なら復路もやるのが良さそうです。今回も拾った3.6m釣りざおがレスキューで役立ちましたが、レース開始の前に遊ばれている艇を全部引き上げて水面をクリヤーします。
 特筆すべきは、昨日初めて会を見た家族が、PETボトル3本を使った三胴艇を作って参加してくれたことです。その男の子が「昨日、風呂で浮かべた」と言っていましたが、どこでも同じで微笑ましいです。急で材料がなかったのかセイルが小さく、子供が糸を付け引っ張り岸を走り回っていました。余っている竹マストや50cm以上ある傘布などあげます。風で走行もできるようになるので連絡してください。このように、作るのは難しくないので、若いお父さんお母さんの参加が六甲アイランドカップの鍵です。

 図63 ハローウィンにかわいいトリマランと雪だるまが現る A cute Trimaran and SnowKid appeared
Halloween2014-10-26bs.jpg

 また、フランス人家族のパトリックさんも通りがかりで参加、リュクサンブール公園の事はもちろん知っていました。
 六甲アイランドカップに向けて対策が見えてきた有意義な会でした。
 写真は第2回作成会から宮脇さんによるものです。ありがとうございます。

 追加:ぬいぐるみはどこかで見たと事があるなと、ネット検索すると「アナと雪の女王」のOlafというキャラクターと分かりました。Olafと言っても私のように知らない人もいるかもしれないのでSnowmanならぬSnowKidのままにしておきます。

六甲アイランドカップ80

模型ヨット | 16:19:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ79
ハローウィン初日速報

 学生ボランティアは学園祭で参加できませんでしたが、大久保艇2隻、速水艇1隻、PO艇7隻が集まりました。大久保艇はセイルのデザインが楽しいもので、デビューの速水艇はデッキはないがラダーはついているしっかりした作りで、材料などにやはりエルベ号の作者のこだわりが感じられます。
 子供たちが喜び、つられて六甲アイランドアワーの取材クルーも来ました。やっていることはまだたいしたことではありませんが、運動を広めるいい機会なのでインタビューに応じました。いつか、六甲アイランドカップだけで放送される日が目標です。
 低学年の子が多く、S字フックのついた棒を上手に扱えず、また、水面に艇を投げる子もいて、当然壊れるので修理や、関心を持つ親に説明やらで、持って行ったイスに座る暇はありませんでした。宮脇さんも写真撮影やあれこれ頑張っていただきました。
 2日目は、手で触らせず、フックのついていないグラスファイバー傘の骨で向きだけ変えるようにします。風にもよりますが、横切る方向でレースをさせます。
 少し前進した一日でした。みなさん御苦労さん。

写真を追加しました。
Halloween2014-10-25es.jpg

六甲アイランドカップ79

模型ヨット | 12:37:03 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ78
3号艇のフロート floats of POwriter's Ⅲ

 ハローウィンに間に合わないと思っていた、3号艇のフロートを作成しました。1から作るのではなく、プラスチック容器利用を考えて色々見て回り、結局、病院売店にあった資生堂のSuper Mildシャンプー容器220mlにしました。使い終えたシャンプー容器に中身を移して、設計図もない行き当たりバッタリですが、容器を縦に2等分し、断端を発泡トレイで覆って接着、カーボンファイバー傘の部品を横木にしてビニルテープで留めました。 容器は縦15cm、幅約7cm、図の上側(表)は下側(裏)より湾曲が大きく、小ぶりですが裏返せばプレーン型の艇体として最適です。

図60  Super Mildシャンプー容器 the bottle of the Shiseido's Shampoo
mildShampoo1s.jpg
 カタマランに非対称艇体があり、これも非対称フロートなので結果に興味あります。そのまま使うことも考えましたが、カタマランへの転用も考え底に発泡スチロールで3.5cmの先端部を足しました。セイルが大きいので、キールの適当な大きさが不明なので、CDの縁だけを取ったものを仮使用しています。

 図61 3号艇トリマラン POwriter's Ⅲ Trimaran
trimaran2s.jpg

 10月23日夕、風なしで浮かべると、トリマランなので錘はついていませんが、キャップが少し水につかるくらいだったので、先太フロートで正解だったのでしょう。
 これで手持ちの全てがハローウィンに出せます。

六甲アイランドカップ78

模型ヨット | 18:26:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ77
傘の骨をマストに ribs of umbrellas for masts of model sailboats

 以前はセイルの材料として見ていた傘ですが、オレンジクラス以後、リブ(肋骨)が使えることが分かりました。六甲アイランドカップを助けてくれる神様でもいるのか、傘が10本くらいまとめてゴミに出されていたので、拾って仕事の合間に少しずつ分解しています。
 この中には、グラスファイバー性もあり65cmで9.6gでした。断端が灰色なのでカーボンファイバーかと思われる物は59cmで8.7gでした。どちらも先端に糸穴はありますが、溝がない丸棒なので、オレンジクラスには使いにくいです。重さは木や鉄と比べ際立って有利といえないのでクラス規制でも認めることになりそうですが、剛性よりも撓で強く径3mmでも十分が強みです。英語でextensionとされている受け骨との接合部は植木ハサミで簡単に切れ、ナイフで木のように丸く削れます。2.5mm径のカーボンファイバーは接合が金属で切れませんでしたが、extensionが同じ材質の22.5cmでカタマランやトリマランの横木として使えそうです。ウィングセイルなどにも使えそうです。
 神戸市内では、山に竹を求めるより、住居が多いのでカラスと傘を探す方が良さそうです。

六甲アイランドカップ77

模型ヨット | 13:12:36 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ76
ハローウィンで展示と試走会 Our activity at the Halloween in River Mall

 10月25-26日のハローウィンは、どちらも午後2時から、六甲アイランドカップ35 River Mall in Rokko Islandで紹介した水域6 WaterArea6で、展示をします。六甲アイランドセンター駅の下のマクドナルドの傍です。
 25日土は、いなみのラジコンヨットクラブの平尾さんによるデモ走行も予定されています。ドイツ校横の水域10などでレースのやり方の検討もします。
 大久保艇も親子で参加とのことで、賞品の出るレースはありませんが、なるべく多くの艇の参加を期待します。

六甲アイランドカップ76

模型ヨット | 10:41:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ75
ウィングセイル wing sails

山形空港は1日6便しかなく山形駅からバス待ち3時間中、America's CupのYouTubeを見て
ウィングセイルについて考えました。下図59からもウィングセイルが優秀なのは明らかです。
 これまで、ウィングセイルは高性能でハイテクであり模型とは関係ないと考えていましたが、万太郎艇もクリアファイル製のセイルがマストを包んでおり、図59のDにあたります。(*)。私の5号艇は今は節もある自然竹をsoft sailのYouTubeに学んだ2重セイルで包んでいるので、図59のEにあたります。

図59 マストとセイルの型(smalltrimarandesign.comから借用)rig and mast type;
Rig-Mast-smalltrimarandesign.jpg
Ratio of max boat speed to wind speed**
A 0.85、B 1.00、C 1.10、D 1.30、E 1.90、F 2.40
http://smalltridesign.com/masts/rig-mast_options.html
 著者は、他の要因も多いのでこの数値だけに頼らないようにとしています。

 神戸に帰ってからウィングセイルに着手しています。模型飛行機の翼より強度はいらないので発泡スチロールトレーで作ることを考えました。ハローウィンには間に合わないと思いますが、風来坊セイリングでもいけそうなアイデアが浮かんだので着手しています。

(*)クリアファイルにも種類があり万太郎艇と同じではないと思いますが、試したものではマストを包む力が強く微風でセイルが回旋しませんでした。コンセプトからはそれでも良いのでしょう。

六甲アイランドカップ75

模型ヨット | 09:18:06 | トラックバック(0) | コメント(0)
シャンソンKAKEHASHI
 エディット・ピアフÉdith Piafが好きですが、「日仏友好シャンソンKAKEHASHI in 神戸 交流ライブ2014」を聞きにキーノーツに行きました。ピアノの中村力さんがすばらしく、2部の前半はのりがもう一つでしたが、「タンゴの時代」から絶好調。アマチュアの人もドレスで、それなりの年齢の人が「抱きしめて」と唄うと単なる歌詞ではないのは歌の力。メリハリが効いていた「Padam Padam」は歌った京都府の野口さんに合っていました。プロも数人唄い、岸元悟明さん、風かおるさんの終幕で3500円の満足はありました。
 その後、次は家内と銀巴里と思いましたが、そこは1990年に無くなったことを知りました。


未分類 | 08:57:49 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ74
最短作成ヨット誕生 the debut of Orange Class

 児童館の活動において短時間でヨットを作ることを希望されました。量確保でキールをダイソーまな板2mm厚にすると材質から接着剤も限られます(*)。接着剤の乾燥のため無理と思われ保留となっていました。グルーガン使用を検討しましたが扱いに慣れが必要で水漏れ防止できていません。初めての小学生には無理です。

 家族サービスで小雨の9月4日、ユニバーサル・ジャパンに行く途中、PETボトルに穴さえ開けずにヨットを作ること考えました。そうすると、マストを船尾に貼り付けるしかありません。これはaft mastというヨットデザインのれっきとしたジャンルであることに気づきました。ポッターの知恵も借り、ラダーなしの基本設計が濡れたメモ用紙にできました。

マストはキール支えにもなるので廃品の傘の骨を採用しました。加工が難しいのでボランティアに手伝ってもらい準備しておきます。キールを留める部品のため、10艇分に1個のPETボトルを切る必要がありますが、これも準備し、小学生はハサミと接着剤だけです。
 今回は図面先行で検討し、マスト材の長さが50cmは必要と分かり、傘の親骨1本まるごと必要と判明しました。約50cmで10gです。ラミンよりわずかに重いだけです。キール材はポリプロピレン製まな板で、長さはCDの幅一杯、高さは7cmとしました(1枚あたり10円になる)。ハサミで切れますが「しなり」があるので高くするのは難しそうです。牛乳パック船台も、後方の渡しにキール幅の正中カットを入れて、使えそうです。六甲アイランドカップ63で出る幕なしとしたPOクリートも使えそうです。
 セイルも硬めのビニルで代用したので全体で109gあり(今はオレンジ色のポリ袋)、9月15日の初試走ではキャップが少し水につかりながら走っていました。ちなみに、キール厚1mmの5号艇は97gでしたので、キールの重さとデッキ有無の違いでしょう。

図58 オレンジクラスOrange class
Orangeclass1b.jpg

 大きな池で絶対に沈をさせたらいけないならこのままですが、人形などの飾りを載せることを考えるといずれ図58の点線部にフラットデッキ(幅6cm)を作りたいのでラインは書いておきます。そうする、「穴も開けない」を返上するしかないですが、手数はPETバサミで横切り2回、押してへこますだけで時間はかからないので、子供たちに選ばせます。
 ハローウィンHalloweenに出したいと思います。速水艇がクラスになればH class(あるいはElbeのE class)と呼ぶかも知れないので、これはHではなくオレンジクラスOrange classとでもしましょう。PO艇は作り方がスマートでも従来形です。デザインの斬新さからはオレンジクラスの方が上ですね。
 傘は燃えないゴミにかなり出るので拾い、親骨を取るにはラジオペンチで十分。受け骨を外すため、極小リベットを電動ドリルに砥石を付けて削ります(電動グラインダーが最適だが1個分なら電動ドリルで十分)。傘の布はセイルにしても良いでしょう。 追記;ジャンプ傘は閉じた状態で留めワイヤーをはずすとはじかれて危険。手に小さな皮下出血作りました。開いた状態で先端からはずす時も少しはじかれるので注意。

(*)先日たまたま、神戸市にもDIYのコーナンがあることが分かり、しなりがなく瞬間接着剤が使えそうなアクリル板2mm厚x20cmx20cm(1mm厚x20cmx30cm)で340円前後でした。一枚のキールが約90円になります。

六甲アイランドカップ74

模型ヨット | 14:16:56 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ73
ZENwheels購入

 関係者には気の毒だが面白くなかった医療情報学会関西支部集まりの後、10月4日、梅田のヨドバシカメラでZENwheelsを購入しました。色変わりで値段が違っていましたが(仕入れ時期の違いという)、一番安い黄色を約7000円で買いました。Sharp7型パッド(SH-08E)にアプリをダウンロードし簡単に操作できました。初期設定で前進後退もチョロQほど早くなく縦列駐車も可能です。
 重さは20.3g、親指の長さくらいです。車ファンには小さくて迫力ないでしょうが、前進後退の後輪にシートを巻き取り調節させ、前輪操舵でラダーを調節すれば、500mlのPETボトル模型ヨットもコントロールできそうです。底のスィッチが上になるようにひっくり返して置き、内部はいじらず外部にメカを足して実験します。防水をしっかりしないといけないのでヒールに強い1Lボトルにのせる可能性あります。
 ラジコンになると六甲アイランドの池では物足りなくなるでしょうが、Bluetoothは約10mくらいだったと思うのでラジコンと住み分けになるでしょう。それでもうまくいけば、世界でも初めてで、入門用として価値あると思います。

 10月5日は台風前で風がある中、ハロ-ウィンに向けて1-6号艇のチェックをし、それぞれ修正箇所が見つかりました。5号艇の普段しわしわのレジ袋セイルが一番きれいな形でした。

六甲アイランドカップ73

模型ヨット | 14:35:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
六甲アイカップ72
ZENSail ?

 Bluetooth操作で2014年春から注目していますが、ZENwheelsはカナダ製90ドルのラジコンマイクロカー。京商が2013年7月から7800円で発売しています。全長6cmなので500mlPETボトルにも乗るでしょう。Microchip社のBluetooth Module(RN42NAPL)とPICマイコン(PIC 24HJ128GP204)が使われ、iPhoneやアンドロイドなどのスマートフォンから、ステアリング用サーボ、各種ライト点滅や音出しの操作ができるそうです。
 ラジコン・ヨットでは少なくともラダーとシートをサーボする必要がありそうですが、シートをサーボで、ラダーをon-offで動かせば、使えそうに思います。だれか、改造してくれませんか。

図60 ZENwheels
ZenwheelKtousyo1.jpg

 円安が進んで高くならない内に購入しておこうかと思いますが、風来坊セイリングが無くなることはありません。

六甲アイランドカップ72

模型ヨット | 13:10:35 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。