■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

六甲アイカップ87
電熱カッター作り making a heat cutter

 回転する吹き流しを準備していましたが、AC-DCアダプターのコードを電熱カッター用に、11月24日(当地の燃えないゴミの日)探して回りました。すると、電話機などのAC-DC約5Vのアダプター自体が何個入手できたので、電熱カッター作り始めました。
 元は、CDケースの縁を切断するためです。1枚ならプラスチック用ノコで簡単ですが、作成会の人数分は難しく、各々で切らせると道具そろえ(ケースはABS樹脂なのでダイソーの電池1個の電熱カッターで切れるか不明)や時間を要します。それだけでなく、当面の関心の一つであるwingセイル用に発泡スチロールを翼長40cm近く切るので、自作しかありません。
 ニクロム線(0.26mm?径で安い)はロイヤルHCで買っていました。熱がアームに伝わらない部品を陶芸教室で何かのついでに作るかと思いましたが、碍子でネット検索し電熱クリートと判明、2-4個を通販で買うか迷っていました。先日、改築現場で耐火のサイディングの細い切り落としを2cmずつ切ってもらって代用にしました(陶器より強度はなく金属ドリルで穴開け簡単)。設計図なしで50cmの1x3インチ木と端材の25cmアームを準備(昨夜考えると、電熱クリートはなしで傘骨のアームと間は木でもよさそうです)。
 5VのIKEAランプは、接触不良だったスイッチを180円の品に代えるとしっかり働いたので机の正式スッタフに採用しました。他のアダプターを使い、代用クリート間にニクロム線を張ってためすと、発泡スチロールがスパスパ切れました。DC5Vのアダプターに注目していませんでしたが、安全で実用できます。捨てられたAC-DCアダプターがなくても、プラグ受けを作って配線すると現役アダプターを一時流用できるので、PETボトル工作する人には簡単に作れる電熱カッターはあったが方が良いでしょう。PETボトルの船尾部は厚いし、Pクラス艇のクリートも舷を切り残した突起で作るので、ハサミより電熱カッターが便利です。

六甲アイランドカップ87

スポンサーサイト
模型ヨット | 15:12:17 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad