■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
六甲ICup117
楔カットセイルのPO8号 PO8 with a taper cut sail

 PO8号のマストは船底に小穴を開けて引っかかりにしグルーガンで止め、デッキには接着していませんでしたが、錘3個つきの船体をマストで持ち上げるので、4月4日ついに抜けました。そこで、デッキがないPO8号もマスト横の船体両側に穴を開けアルミ針金を通して、船上でマストを留めるようにしました。

 性能が良かったwing sailと比較するため、単純セイルで走らせましたが、差は歴然でした。そこで4月5日、このブログの初期に紹介したtaper cutをセイルに入れてみました。接合セイルのようななだらかな局面にはなりませんが、モールド上に置くとカットを入れるのが容易です。しかし、カットなしとの差は、未だはっきりしません。(六甲アイランドカップでは、taper cutの数は制限しません。)
 楔カットのPO8号艇も、風さえあれば、いくらか風上に向かいました。いずれ何隻かまとめてYouTubeに映像を出します。

 先日、Brief English Page for Rokko Island Cupを作り、公式ホームページに載せました。
 うれしいことに、楊 文忠さんが中国語に翻訳してくれました。2-3日中に載せる予定です。六甲アイランドカップに技術上の問題はなく、参加者数や運営マンパワーが課題ですが、おかげで広がりが期待できそうです。あらためて、お礼申し上げます。

六甲アイランドカップ117

スポンサーサイト
模型ヨット | 12:38:45 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。