■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
六甲ICup 143
夏レース2015 YouTube前半

六甲アイランドカップのねらい
 風に流されるだけの牛乳パック船と違い、ヨットは作れば走るというものではありません。紙面でヨットの原理を説明しても小学生には理解困難ですが、ラジコン操作をすぐ覚えるように、シートの長さを横風走行用にして走らせ、次に、風上走行用にして失速傾向にすれば、違いを直ぐ理解するでしょう。これがなぜか不思議に思うだけで良いです。この演習が六甲アイランドカップの大きな役割です。単なる走った走ったでは進歩がなく、飽きて戻って来ません。楽しいレースだが勝てない時に学ぶのです。模型ヨットを改造して2回、3回とレースに挑戦するのが理想です。
 遊ぶだけでなくキャプテン(船長)という名目でインタビューにちゃんと答えてもらいます。この教育的配慮を学校での課題につなげ、どこにでもある学校プールで風来坊セイリングができるようにしていくのです。ここまで大きな構想を持っていない人も会に参加してくると思いますが、各人ができる範囲で努力すれば良く、構想に無理をすることも、構想を止めることも、あってはなりません。

注目
 夏レースでは演習ができませんでしたがインタビューは行いました。動画で一番おもしろいのは、自家艇にこだわって貸し出し艇に見向きもしなかった弟が、第3レースでは役割を理解して負けた貸し出し艇を高く掲げて歩むようになる成長の過程です。

 見て分かるように、レース艇はけなげなくらい懸命に走ります。子どもたちはレースに真剣です。大人たちは子どもの姿に満足です。これが六甲アイランドカップです。恵まれた安全な水域と当局の水質管理とスタッフの少しの努力で、広がっていくでしょう。

YouTubeに前半投稿しました
公式ホームページに載せる写真を準備中です。決まり次第、リンクをのせます。

六甲アイランドカップ143

スポンサーサイト
模型ヨット | 13:14:09 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。