■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

六甲ICup 159
接着剤

 私の模型作りは20ヶ月ほどで浅いです。接着剤も100円店で間に合わせていましたが、潜水艦グループのTamo2さんのいうとおり、PETボトルの接着は問題ありです。アートカプセル参加見送りはこれも要因です。調べてみると「教えてGOO」でも「一時的に接着は出来ますがすぐに剥がれてきます。紙やすりなどで足付けをすればある程度付きますが普通のプラスチック用接着剤では無理です。」とあります(runnext:2004/08/11)。

 最近、小西ボンド社のウルトラ多用途でPPもポリエチレンも付く粘着性のもの、セメダイン社の工作用速乾クリアでPETボトルや発泡スチロールも付くものを見つけましたが、東亜合成社にホットメルトについて問い合わせしたところ、工作教室の応援もしているとのことで大阪支店の方がわざわざ説明に来てくれました。知りませんでしたが、東亜合成が製造して、ボンド社が販売していることに後で気づきました。

 当会の活動を理解していただいて、難しい接着にお勧めいただいたのが、図の2製品です。左はゼリー状で普通では固まるのに時間がかかりますが、付属のスーパー液を使うと素早く固まります。右も、ラダーの軸受けに使うストローや安価でキールに使ったダイソーのまな板などのポリプロピレンも接着できます。付属の小瓶は接着の前に材料の下準備をするプライマーです。今後の作成会ではこれを使って耐久性を上げたいと思います。

図102 東亜合成の接着剤 quick-drying glues from Toagosei
アロンアルファ quick-drying glues from Toagosei


六甲アイランドカップ159

六甲アイランドカップ中間目次


スポンサーサイト
模型ヨット | 11:02:43 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad