■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

子宮頚がんワクチン副反応29
診断名は治療を踏まえて
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 糖尿病も高血圧症も多因子で患者も多い21世紀でも重要な疾患です。征服の期待を込めて、私がこれら2つを「21世紀病」と呼ぶことを提唱します。診断基準は糖尿病学会基準と高血圧学会基準のいずれかを満たすものとします(国によって違いますが、とりあえず日本)。これは意味あるでしょうか?
 「DSM5虎の巻」の中で「診断を行う目的は、臨床においては治療を組むためである」という章の冒頭から引用; 診断diagnosisという言葉は、ギリシア語の、間dia、知識gonosisの合成からなる言葉であるという。間の知識とは、 lつは鑑別診断の意味であり、1つは現症から治療をつなぐ知識ではないかというのは、児童精神科のわが国におけるパイオニア故牧田清志の指摘である。逆にいうと、治療を組むために役立たなくては診断そのものがラベルにすぎない。
 この発言も示すように、糖尿病も高血圧症も運動療法で改善が見られますが、根本の治療は異なっており、提唱の意味はないでしょう。

 計算上も、子宮頚癌ワクチン副反応例に心因性障害が入ることは避けられません。実際、テレビ映りが良い例は、所見や病歴から素直に考えると変換症と思われる例が多いです。当然、神経専門家に心因性障害であることを指摘されていますが、変換症には一見明らかな心因がないということを家族が知らずに、専門家の意見に従わっていないようです。
 子宮頚癌ワクチン副反応と心因性障害も治療法は異なるので、「21世紀病」のように同一の病名で扱うべきではありません。そうすると、統合失調症のように心因性障害も除外診断すべきですが、西岡基準には除外診断がありません。
 統合失調症を誤診して副作用として扱い、初期治療が手遅れになる危険性を指摘しましたが、心因性障害例も、解決の正しい道を歩むことなく、メーカーや自分自身への恨みつらみ・後悔でグタグタになって悪化のようです。人生は夫々の責任ですから、その家族が信じる治療を受けて頂くしかありませんが、正しい治療から自ら離れるのは、とても心が痛みます。

 治療については、自己免疫という想定に反し、これまでの例から免疫抑制剤が効くとは考えにくいです。プロスタグランディン剤もシングルケース・スタディーに従ったものではなく効果が不明と述べました。(心因性患者でも不安があると交感神経興奮が高まっており、同剤で末梢の循環は良くなる可能性があります。健常者でも薬理作用で末梢の循環は良くなるのですから。)
 通常の鎮痛薬も、器質的疼痛に比べて、偽薬効果を除くと心因性疼痛では効きにくいです。日本の線維筋痛症ガイドラインでは痛みに対してプレガバリン(商品名リリカ)が有効として推奨されています。私も難治性疼痛患者に良く使います。副作用のために継続は必ずしも容易ではありませんが、ほとんどの例で疼痛軽減します。
 しかし、2014年3月の西岡医師発表で3施設の膠原病患者96人(うち女性89人)の内、HPVワクチン接種55人中8人に全身の痛みがあり大部分でプレガバリンが効かなかったそうです(*2)。線維筋痛症も疾患単位として議論がまだあるようですが、副反応例は線維筋痛症でさえもなかったということです。原則、心因性では、奥にあるものが解決されない限り、どんな薬も効くと不都合なのです。心理要素(プラセボー効果)が除かれる2重盲検に耐える治療薬は、これら例にないだろうと思います。

(*1)臨床家のためのDSM-5虎の巻 森則夫他編 日本評論社 2014、p23.
(*2)本題の趣旨と外れるので注に置きますが、「学会のネットワークに登録されている医療機関138施設のうち3施設の」ですから、ほとんどが無視したということでしょうか?参加呼びかけしていないなら、日本線維筋痛症学会の名前を権威づけに利用せず、3施設の名前だけでも十分です。
 女性が多い膠原病もありますが、それ以上に患者構成が偏って専門外来化していることが明らかで、普遍性に疑問があります。女性中62%がHPVワクチン接種を受けている膠原病(リウマチという表記が多い)外来は他にはなく、こじれた副反応例のいわゆるメッカになっているのでしょう。注意したいのは、一般の病院でワクチン接種した健常55人から8人ではないのです。膠原病患者はもとより免疫異常であり、HPVワクチンに限らず、他のワクチン接種でも異常が来易いです。この事実に論及せず、HPVワクチンで高頻度(14.5%)の副作用が出ると記憶づけようとしています。
 学会名の利用もこれも巧妙に仕組まれていますが、見る人が見れば発表は恥では。

子宮頚がんワクチン副反応29

スポンサーサイト
子宮頸がんワクチン | 08:37:14 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad