■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

井手禎昭 「ひとはなぜ 平穏死できないのか
井手禎昭 「ひとはなぜ 平穏死できないのか-満ちたりた最期を迎えるために」

 3月に東灘医師会の井手禎昭先生から「ひとはなぜ 平穏死できないのか ──満ちたりた最期を迎えるために」が贈られてきました。「がん難民」の著作もあるそうですが、こちらは150ページの小型本です。本を書いた方なら分かるはずですが、これだけでも原稿は多量ですし、内容も読むに値するものでした。

井手平穏死1s

 井手先生は大病院の癌専門医から在宅医療に進んだ方で、同年に石飛幸三医師が「平穏死のすすめ」を出版されているそうです。私は急性期畑なのでこれらを読んだことはありませんが、癌などだけでなく「認知症が進み本来の『個人』がもうこの世にいない状態」という記載は注目されました。

 私も、父の窒息を口に指を入れて助け(咄嗟でハイムリッヒ操作できず)、タバコ肺で肺炎を民間病院で助けてもらい年余を楽しく過ごし、最後に腎透析はしないというその病院の決定を受け入れ、肺うっ血に全点滴中止をお願いして、感謝の末期を沖縄タイムス紙に投稿しました。

 私のブログは余分な文字は1字でも減らすというものですが、井手先生の本は微妙な家族心理に配慮した言い回しになっています。特に、p129「寿命には限りがある」からp146までは紹介文ではなく実際に読んでいただきたいと思います。

 4月から尼崎医療生協病院移り、すぐにギラン バレー症候群が入院し研修医に指導など充実していますが、ある家族と平穏死について話す場面があり、看護師さんもこの本を読みたいと希望しています。


スポンサーサイト
病院 | 19:18:03 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad