■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子宮頚がんワクチン副反応48
日本神経学会速報2016年5月19日ポスター3
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 平井(慈恵医大)は9名に内分泌負荷試験をして(対照群実測なく)施設の基準値を使いインスリン負荷試験で9名に異常があったそうですが、著者も認めているように、どの測定項目も異常の方向が約半数が逆など、まとまりがありません。(LHRH試験も同様)。
 医療関係でない方のために簡単に説明します。視床下部という脳の小さな領域には、ホルモン分泌を刺激する上位のホルモン核がいくつかあります。刺激ホルモンの注射をすると、対応するホルモンが血中に分泌されます。この反応が正常域、低反応、高反応の場合があります。
 ワクチン接種という単一な原因で、有意な関連があるなら、系統別の反応(図でいうと横の行に当たる)はそろって出てくるはずです。バラバラというのは心因性障害のように多要因で経時で変動もあるものが疑われます。なお、8例のCRH試験を含め副腎系全体としてはうつにも見られる低下傾向と考える方が良いでしょう。
 少数例の場合、鹿児島大学の当初のHLA陽性が10/11のように(対照6-7/10に比べて)偏ってそろうことがあっても、10名以下でバラバラでは無理でしょう。通常は群で標準偏差バー付きの折れ線グラフ(縦軸がホルモン数値ないし%値)で示されますが、方向も反対なのでできないのです。
 それなのに心因性でないとすることは、社会的にも大きな問題なので、書き写した表の一部、インスリン負荷試験の結果(列は症例、↓低反応、↑高反応、D遅延反応)を示します。(*1)

 平井20160519内分泌ブログ用
 
 空白は欠値ではないはずで、半数以上の測定は正常です通常は正常とかNとか記入して欠値でないことを示しますが、正常も多いことを気づかれないようにしています。しかも、少数例ですが数値や正常値は表示なし。例えば基準値が1.0-2.0という場合、0.98や2.1でも異常としている可能性があります。私も研修医のころ神戸大学第3内科で来る日も来る日も負荷試験をやっていましたが、経験ある臨床医ならこれを白黒でかたづけません。

 他の発表で、月経異常を訴える例もありますが、身近な女性に聞いても精神的な動揺で性周期の異常をきたすことは珍しくありません。性周期に視床下部が役割を果たすのは当然ですが、それだけで月経異常が視床下部性で心因性でないというのは、無理な話です。これは昔から心因性を含めてfunctional amenorrhea機能性無月経(*2)と呼ばれますが、stress induced amenorrheaとも呼ばれています。動物実験もあります。Bethea CL etal Neurobiol Dis. 2013 Feb;50:96-106.

(*1)遅延反応はpeak値の大きさが正常ということでしょうから、遅延反応だけでどのような生活障害を呈するのか、明らかにする必要があります。LHRH試験で遅延反応が多いですが、性ホルモンなどは、動物神経機能ほど速くなくても緩やかに恒常的機能が良ければ問題ではないはずです。よくて間隔15分程度、3-4回のサンプルであり、遅延とする統計上の信頼区間も問題です。

(*2)機能性と呼ぶことに以前から反対しています。これでは、単に結果のはずですが、素人「耳」には何かの役割を持っているかのように聞こえます。衣笠先生にdysfunctional uterine bleedingというが、dysfunctional amenorrheaとは言わないことを教えてもらいました。

 信州大学の評価は以前に終えていますが公表は6月休みです。
 2016年6月24日追加;上記のうつ疑いはまとまりないものをあえていうとであり、ワクチンによるものとは考えていません。

子宮頚がんワクチン副反応48

スポンサーサイト
子宮頸がんワクチン | 23:38:19 | トラックバック(0) | コメント(0)
子宮頚がんワクチン副反応47
日本神経学会速報2016年5月19日ポスター2
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 高畑ら(鹿児島大学)は前回紹介例の症状や治療を述べましたが、心因性障害の有名な所見であるgive-way weaknessがありながら心因性としないので、問いました。徒手筋力試験の1手技中に筋力が変動しガタガタと震えるもの指すとのこと。その「give-way weakness」は全国の理学療法士なら誰でも心因性とする所見ですなぜそれが「心因性」でなく「心因性類似」となるのか聞くと、たじろいで答えられませんでした。
 心理検査の成績が悪いそうですが、通りすがりの方も「心因性でどうにでもなるものだ」と話していました。私が「記憶検査に事象関連電位を使わないとだめだ」というと注目されました。治療でIVIg大量療法は効果なく血液浄化が効果あるそうですが、プラセボー効果を除かないと何もいえないと言いました。

 give-way weaknessの可笑しさ誰でもわかるはずですが、次のことは注意深い専門的知識がないと分かりません。鹿児島大学の例では種々の自己抗体陽性例が多いようです。しかし、漢方薬や臓器製剤と違ってHPVワクチンは人工的な単純成分なので、それに対する抗体は1つできればよしとするのが科学者の常識です。成立機序が大幅に違う種々の抗体が陽性というのは、その例がすでに自己免疫疾患患者であった可能性が高いと推定するのが科学的です。そういう患者はHPVワクチンに限らず他のワクチンにも副作用が出易いです。さらに、そういう患者に心因性障害が起きていることも十分に考えられます。

まだ、報告を残していますが、他の仕事もあるので6月はこのブログを休みます。

子宮頚がんワクチン副反応47


子宮頸がんワクチン | 12:40:20 | トラックバック(0) | コメント(2)
子宮頚がんワクチン副反応46
日本神経学会速報2016年5月19日ポスターpart1
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 ポスター6題がまとめて発表されました。何回に分けてレポートします。その中、心因性障害を除く努力をしていたのは、伊勢赤十字病院だけでした。
 荒田ら(鹿児島大学)は、39例から3例除いた36例の疫学的検討していました。沖縄県立南部医療センターの2例ははずしたと聞いており、診断基準を聞きましたが、心因性除外は考えておらず、親近感のある鹿児島大学でさえそんなだったので、冷静に議論しようと考えていましたが、おさまりませんでした。
 対照群のHLA保有率については私の推定60%以上のとおり62%(九大論文では64%)でした。資料(標本5000以上)を引用したので有意差は出ましたが、対照群を明確に設定して集めたわけでなく、一流雑誌にはどうでしょう。統計では標本数が巨大になると些細な差も有意になります。彼らの87%陽性と既報の信州大71%のどちらが真かもこれからです。
 有意差があったとしても、日本に患者が多いというのは住民ベース研究のない架空ですし、住民ベース研究なしでデンマークでも多いと言っていますが、そこでHLA DPB1*05:01が多いというのでもなく矛盾なので、説明に役立ちません。他のワクチンでも症状が強い人には高頻度の可能性があり、「臨床的に特異度が3割6-8分と低く、役に立ちません」とはっきり言いました。

 有意差ありと書いてあるが、検定法の名さえ書いてなく、対照群数も離れた脚注のような数行の中に埋もれて、今どきの医学生ならP値だけでなく信頼区間も併記するように習っているはずですがそれもなく、「悪い論文の見本」といわれて仕方ないでしょう。伝統ある教室では、本番より内部での予演会の方が厳しいという所があり、これらを些細なことと片付けるのは学問の緩みであり、遺伝子頻度を遺伝子保有率と取り違えたことにつながるでしょう。心因性障害の診断がルーズな所には厳しくします。

 別な発表で、内分泌検査の異常も言われましたが、測定項目の異常の向きが半数で逆になるなどまとまりがなく、うつなどでも異常が見られることを指摘しました。後日、順に述べていきます。

子宮頚がんワクチン副反応46

子宮頸がんワクチン | 08:10:38 | トラックバック(0) | コメント(0)
子宮頚がんワクチン副反応45
日本神経学会速報2016年5月18日
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 英語の口演で17症例の脳血流測定で正常10例と比べていくつかの部位で低下があるので心因性ではないと発表あり。私が英語で意見を述べました。

 「私のコメントは単純明快です。心因性障害(PTSDや変換症やうつ)の患者の脳血流異常の多くの報告があります。これらの疾患では、脳血流量は本研究のように、脳の多くの部分で減少していました。だから、その症例が心因性ではないと言うことはできません。そう言うためには、誰もが知っていますが、健常者ではなく心因性疾患患者から成る対照群にするべきです。気の毒ですが、あなたの研究デザインは間違っています。それで、私は、あなたや海外医師が心身症の患者を同じように研究することを期待します。フロイトやシャルコーからの長いブランクの時代があります。今、世界でHPVワクチンの後にかなり多くの心因性障害例が発生しています。私はあなたがさらに心身医学で研究することを期待します。」

 なお、日本とデンマークで患者が多いと言っていたので、「住民ベースの大規模研究で、HPVワクチンで中枢神経脱髄患者は増えていないと完璧に証明されています。」と追加しました。

神戸国際会議場2016s
 このように言われると想像していなかったでしょう。研究デザインが間違っているというのは研究者には恥なので、事前に気にする方もいましたが、演者は真意を理解して怒らず私のいう方向で研究するとのことです。これくらい言わないと記者は理解しません。誤った報道の前に正さないといけません
 寄せ集めテーマの英語発表で聴衆は多くはなく、会場が広すぎて白々としていました。伝え聞く、小児科学会盛り上がりと大きく違うようです。

At the 57th annual meeting of Japanese Society of Neurology, a study is reported that the cerebral blood flow of 17 cases after HPV vaccine decreased at some parts of the brain, comparing to those of 10 healthy girls, so the cases are not psychogenic. But I said as follows;
I have a comment, simple and clear one. We find many reports on abnormalities in cerebral blood flow in patients with psychosomatic disease, like PTSD, conversion disorders, depression. In those disease, the cerebral blood flow decreased at many parts of the brain like this study.
So, you can not say the study group is not psychogenic. Everybody knows, to say so, you must assign a control group that consists of the patients with psychogenic disease, not of healthy persons.
I am pity for you to say that YOUR STUDY DESIGN IS WRONG THIS TIME. So, I expect you and overseas doctors to study the patients with psychosomatic disease in same way. There is a long blanked era from Freud or Charcot. Now, we all have good many psychogenic cases after HPV vaccine in the world. I will appreciate your further study in psychosomatic medicine.

子宮頚がんワクチン副反応45

子宮頸がんワクチン | 23:11:14 | トラックバック(0) | コメント(2)
禅 心をかたちに展
 忙しくならない内にと5月12日、京都国立博物館の「禅 心をかたちに」を見てきました。
前半は有名僧の肖像と書籍ばかりで、ハーバード大の記念品でも見ているかのようでつまらなかったです。
図は雪舟等楊の作品ですが達磨の着衣はのっぺらで奥の岩穴が3Dと思うくらい迫力でした。

zen01.jpg


 有名僧が死ぬとき、弟子のだれにも印加を与えず、彼らが法を説くのを禁じたそうですが、いまどきの臨床研修からすると、それは自身に教育能力がなかったことならないかと感じました。

2016年5月31日、Canon N650Uの画像をヤフーオークションで購入したEPSON GT-S640の画像に変えました。画質がまったく違います。

未分類 | 20:19:41 | トラックバック(0) | コメント(0)
子宮頚がんワクチン副反応44
2016年5月12日ハートネットTV
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 再放送を見ました。動画の1例には器質的疾患としては神経学的にとてもおかしいものがあり、他の1例も器質的な一時的所見とするとしてもこんなになるのか?というものです。前者など専門家にはバレる動画を、患者側からの提供だけ公共放送に出してよいのでしょうか?「これが副反応の○○所見である」という医師が登場して紹介するなら、それはその医師の責任ですから、報道としては逃れるでしょうが。次からそうしてください。

 診断書を書かない医師を批判していますが、「因果が明らかなでない」ではなく、「心因性と正しく診断」した医師はどうすればよいのでしょう?もちろん受診した医療機関の全てが心因性と正しく診断する能力を持っているわけではなく、診断能力がある医療機関でも、限られた診療機会で心因性と診断する所見が見られると限りません。ですから、そういう医療機関が「因果が明らかなでない」と診断書を書くのは何も問題ないです。しかし、この先には症例の救済はありません。
 心因性と正しく診断した病院を、その能力もない医療機関が、安易な患者への共感で「ひどい病院でしたね」とすることもあったでしょう。これを許せば、医学の自殺ですね。

 私の持論は、心因性障害例も「心因性障害です」と国に報告して、適切な心因性障害治療を行うということです。メーカー側は、ワクチンと関係ない例まで責任を負わされるのはたまならないと逃げるでしょうが、国が、ワクチン接種がきっかけになって素地が出た心因性障害も、正しい治療を受けさせるべきです。患者が心因性障害治療を拒否するのであれば、別の医師の心因性障害ではないとする診断書が必要というのは、保険診療である限り当然です。患者側が診断書を求めず、保険診療外の代替医療を求めるというのは自由です。

 HLAとの関連も、数を増やして対照群6割以上、検査群7割何分で有意差ありとなったとしても、特異度が低く臨床的に意義がないことが明らかになったように、器質的異常説も数年以内に火が消えるでしょう。そこまで、心因性であることを認めない家族もあるでしょうが、池田資料も心因性が加わっていることを示しているくらいですから、心因性障害治療の方が好成績を上げるということを精神科や関連科が協力して示すことが、真の救済であり、これ以外の道はありません。

子宮頚がんワクチン副反応44

子宮頸がんワクチン | 06:37:35 | トラックバック(0) | コメント(0)
子宮頚がんワクチン副反応43
メスマー 苦悩と平安
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 私は子宮頸がんワクチン問題で誰も傷つかないように願っています。ここでのHLA研究の始まりを凡庸と表現したので、けなしていると思った人もいるかも知れません。しかし、毎年の科学研究費申請の作文したことのある人なら分かると思いますが、可能性が高い研究(当たり前)を提示するのも才能なのです。研究の誤りは捏造ではないはずなので、研究者の苦労を考え、研究の逃げ道も提案して来ました。それでも非難に聞こえる方もいるかも知れませんが、その責任からすれば過剰なものではありません。

 「ウィーンから来た魔術師―精神医学の先駆者メスマーの生涯」を4月27日にやっと読み終えました。メスマーは当人の責任もありますが論争で傷つけ合いでした。晩年は落ち着いていたようで、メスマーのボートにカナリヤが停まり、自宅までついて来て、メスマーが死ぬと餌を食べずに死んでいったそうです(*1)。キリスト教徒であれば聖人となっていてもおかしくないでしょう。聖人認定には奇跡が必要だそうですが、メスマーの治療も奇跡と数えられても不思議ではないです。しかし、彼は神や信仰に頼らず科学者として理論(間違いの)を展開したのです。

220px-Franz_Anton_Mesmer.jpg

 メスマーのいう分利2(2016-03-17)で「メスマーはヒポクラテスから離れて単に悪化した発作(現在もcrisisと呼ばれている)を表して、クリシスを分利としたのは訳者の勝手のように思われます。」と述べましたが、再訂正が必要です。彼の治療成功例では、症状の悪化を経てから治癒を得るそうで、この悪化を分利と呼んでいるので、伝統的用法と違いありません。

 シャルコーのヒステリー大発作は例示によるものと批判されていますが、メスマーの分利も後世のピュイセギールが催眠術を見出してからは、不要で悲惨なものと否定されました。しかし、私が感じるのは、心因性の患者は噴出するような苦しみを受けなければ逃れられない心の闇があるということです。苦しさに耐える「分け前としての利益」と表現したのは一言で間違いとはいえないです。
 心因性である変換症では心因が不明なことも多いとされますが、変換が起これば当人も苦しみに気づかないのです。まして、薬害の悲劇ヒロインとなれば闇にある苦悩は顔を出すことないでしょう。疫学を無視して薬害で正義の味方と思っている者も、善意の加害者となることに気づかないでしょうから、これの根本解決を目指す方が、闇の深さに苦しい思いです。

(*1)同書p304、伝記を書いたケルナーが記載。印刷がなかった古代では神格化の作り話もあるはずですが、出版の盛んな19世紀なので、偶然と言われるとしても事実であっただろうと思います。メスマーに安らぎあれ!

5月6日のハートネットTVについては、12日の再放送で全部を見てからコメントしたいと思います。

子宮頚がんワクチン副反応43

子宮頸がんワクチン | 22:18:13 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。