■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
池田の英文症例報告1
子宮頚がんワクチン副反応61
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 これまで批判してきたのは論文になる前の発表でしたが、この報告は2014年6月に出版されています(*1)。英文なので、読めない一般の方には価値があるように思われるかもしれません。一言でいえばAC論文で、心因性障害診断ができない池田教授らの穴が多い報告です。これまで批判されておらず、聖域のように勘違いされとまずいので、取り上げます。村中さんも準備されていると思いますが、重ならないこと祈ります。
 私は相手方の研究の欠点をいくら暴いても根本解決には遠いと考えていることを、まずご理解ください。このブログは科学と関係ない一般市民に子宮頚がんワクチン問題を正しく理解してもらうことが目標なので、その範囲での批判です。

 この雑誌は日本の論文が外国一流誌にはなかなか採用されないので、日本内科学会が発行している英文誌です。そういう意味では簡単な雑誌で、私も研修医を終えたくらいの昔にWilson病のCT所見を載せたことがあります。
 信州大学神経内科が子宮頚がんワクチン(HPVワクチン)接種後の40例を報告です。疼痛や起立性低血圧を訴える例があるので交感神経障害としていますが、全くACで疫学的検討はありません。複合性局所性疼痛症候群complex regional pain syndrome (CRPS)や体位性頻脈症候群postural orthostatic tachycardia syndrome (POTS)に似ているとしていますが、これらは診断に議論が多く、その診断について整理するのが大変で、症例報告自体は単純ですが、すぐに批判することができませんでした。
 しかし、2016年1月にEuropean Medicines Agency(EMA)が、HPV vaccines: EMA confirms evidence does not support that they cause CRPS or POTS Reports after HPV vaccination consistent with what would be expected in this age groupという報告を出しました。2つある子宮頸がんワクチンは、対象年齢に自然に起こる以上にCRPS やPOTSを起こさないというのです。薬害派のコメントに、これはデータも書いてない代物で信じられないとありましたが、これは要約で、本体は厚い冊子になる分量です。(*2)

 大部といっても一般の方にはこれがどのような意味をもつか、わからないだろうと思います。信州大学と同じく皮膚神経生検(*3)をしていた鹿児島大学のポスター発表で、「CRPSやPOTSは否定されています。厚い冊子ですが読みましたか?」と聞くと、読んでなかったのかもしれませんが想定問答にあったのか、それら(CRPSやPOTS)との関係を言うつもりはないとあっさり逃げられました。信州大学もEMA報告の後では分が悪いと思ったのか、あてにならない視床下部障害説に後退しているようです。交感神経とのつながりは機能上かろうじてありますが、末梢交感神経と中枢神経との病態の距離はかなりあります。

 少しはずれますが、信州大学が先陣の皮膚神経生検については鹿児島大学はつれなく、逆に鹿児島大学がオリジナルのHLAについて信州大学は正直に高くない保有率を出しています(鹿児島大学が多いという自己抗体も信州大学は検出されないとしています)。神経学会での話しからは、両大学とも「HANS」は認めたくないようです。脳抗体(データ不正改ざんがバレましたが)やHLAと比べて研究といえるほどでないのに西岡の名前が残るのがイヤなのかも。確かに、その基準は穴だらけなので、私も責任追及の意味を込めて論文著者の名前で横田基準などと呼ぶようにしています。

 さらに詳しくは次回以降に述べます。ただし、8月はブログを休むので、その後になるかもしれません。

(*1)Kinoshita他、Intern Med 53: 2185-2200, 2014
(*2)2015年12月のWHOの子宮頸がんワクチン安全声明も、薬害派のコメントでは村中記事をWHOが信じたせいだろうと、この問題の中では唯一といえるくらい、笑えました
(*3)皮膚神経生検は交感神経障害に直接つながるものではありませんが、訴えではなく検査所見なので、神経つながりで価値があるように見えるでしょう。定量的といえずチャンピョンデータもあるので、村中さんが何か言えるのかも。私の観点は村中さんの後で紹介。

7月30日追加、次回に使う図ですが、図が複数になるとFacebookで望みの図が選ばれないことがあるので、こちらにおいておきます。Facebookできたので、図を次回ブログに移動しました。

子宮頚がんワクチン副反応61

スポンサーサイト
子宮頸がんワクチン | 22:45:15 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。