■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

池田教授の脳抗体実験の真実1
子宮頚がんワクチン副反応67
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

はじめに

 村中記事(*1)はリアルなドキュメンタリー風ですが、医師の中にも誤解をして弁解しようとする者もいます。村中支援のため、池田教授の脳抗体データ不正改ざんについて、医師でない一般の方、特に科学に素人の弁護士でも分かるように説明してみます。
 4週にわたり毎日曜毎に掲載します。2回目以降に難しい話もありますが科学的にとても重要で、これまでのHLAつぶしと同じくらいインパクトあるでしょう。

前知識

1)子宮頸がんワクチン(ここでは短いHPVワクチンといいます)を接種するとHPV抗体ができます。抗体は免疫グロブリンというタンパク質で、その1つIgGも血液に溶けて流れていると考えてよいでしょう。

2)脳は重要臓器なので、血管と脳細胞との間には血液脳関門(BBBと略されることが多い)と呼ばれるフィルターがあり、脳に必要でないものは通しません。

3)IgGは大きさを表す分子量が約14.6-17.0万と大きく、血液脳関門を通ることは通常できず、よって「なすりつけ」派(*2)でも、ワクチンによってできたHPV抗体が脳細胞に作用して症状を起こすという説明ができません。

図1、血液脳関門と血中抗体
池田脳抗体1

4)池田教授は、邪魔と考えた脳血液関門を除いた実験をしました。ワクチン接種されていない交雑系マウス脳を切って薄い標本にして、ワクチン接種された特異マウスの血液を標本に直接乗せ、その後、抗体を染色したのです。ヒトに接種されたワクチンの影響を調べるという本来の研究からは外れています。もちろん、このような実験もありますが、その場合は実験手技を前面に出し、隠すことはしません。
 池田教授はこの手順を隠したので、TBSテレビは常識的な接種されたマウス脳が染まったと報道しました。これによって、HPVワクチン接種を受けた少女たちにも脳抗体ができたと思わせたのです。しかも報道の後、村中さんがこの実態を暴くまで報道の誤りの訂正もしていません。この重大な責任は池田教授にあります。暴挙です。
 繰り返して言うと、血中抗体では通常は脳に障害が起きないのです。多発性硬化症という脳の自己免疫疾患がありますが、この抗体は脳内で産生されるので別です。

5)この特異マウスは免疫反応を正常に抑える働き(NF-kB p50)をノックアウトした免疫暴走マウスですから、普通の動物には意味のない刺激でもこの特異マウスでは抗体を作ることがあります。(数カ月もすれば加齢だけで神経細胞死が生じるので、別に解説します)
 子宮頚がんワクチン副反応37で紹介した、http://togetter.com/li/951031を再掲;
NF-kBは、転写因子でp65とp50と呼ばれる二つの因子で構成されています。p50が欠損したマウスというのは病的にp65が動くのです。p65は核内に入り、炎症反応を来たすサイトカインなどの蛋白質を作ります。p50欠損では外から刺激がなくてもサイトカインを産生する方向になります。

図2、NF-kBの機序
srep03242-f8.jpg

6)さらに、外からの刺激だけでなく、自分の体の成分に対しても抗体を作る「自己」免疫疾患発症モデルです。つまり、このマウスを使うと、HPVワクチン抗体による作用か、自己抗体による作用か区別ができません。これは研究デザインとして致命傷です。
 池田教授は、HPVワクチン以外でも抗体が染まることをAさんから伝えられた時に、この特異マウスでは自己抗体が勝手にできることを知らなかったという、お粗末さです(*1)。

(*1)月刊Wedge7月号「子宮頸がんワクチン薬害研究班 崩れる根拠、暴かれた捏造」
その一部が、http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7124?page=3
(*2)これまで薬害と「主張している」として薬害派と書いたこともありますが、関係ない者に罪blameを負わせる「なすりつけるput blame on」とするのがより適切です。


スポンサーサイト
子宮頸がんワクチン | 11:38:48 | トラックバック(0) | コメント(0)

FC2Ad