■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
六甲アイカップ99
ウィングセイルの作成2  making a wing sail Part 2

 結局、マスト穴用の木製モールドを作って、電熱カッターで翼部の平面に径5mmの半円溝を開け、そこにストローを埋めて接着し、両半身を両面テープで接着しました。重さは6.6gで、今回のカーボンファイバーのマストが5.5g、従来の木のマストが6-9gなので、無視はできません。発泡の程度はいろいろですが、今回は比較的しっかりした箱だったの、やや重かったようです。
 試作なので不細工ですが、8号艇が図74です。ブームはなく、重さ測定の後ですがラッピングのリボンテープを発砲スチロール用接着剤で張り付け補強しています。貸し出し艇用に、速水艇の真似をしてキールの瞬間接着剤止めを試し、デッキは開けません。マストが船底を貫通しているので接着剤で埋めました。キールとマスト下部は強度確認のためわざと離したままにしています。図上でヘルムを調べるとギリギリOKのようです。

図74 試作ウィングセイルの8号艇 POwriter’s Ⅷ testing a wing sail
PET bottle Model sailboat with a wing sail


2/13追記:試作のつたない写真ですが、alt="PET bottle Model sailboat with a wing sail"と真面目に書いたせいか、昨日のgoogle画像検索「wing sail model sailboat」で 32番目に出ていました。先細りの上部セイルを足せば、色も形も恥ずかしくないと思います。
2/14追記:上部セイル(3g)を作成し、写真を入れ替えました。今日の走行テストは後日報告。

六甲アイランドカップ99
スポンサーサイト


模型ヨット | 12:28:37 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。