■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
六甲ICup112
ラジコンヨット2 The inside view of Caribbean 8802

 Ready to runというのが売りで、工作するところはありません(マストのステイが一つ伸びて外れていただけ)。
 船尾よりのテーブルを横にすると後部デッキが外れます。シートはブームについたシリコン輪で長さを調節します。アイの1個がデッキについており、シートが細くて切れそうなので、怖々ずらして初期状態を撮影したのが図81です。左寄りのUSBメモリー風なものが受信機で、この位置で中寄り側面に電源onを示すLEDがありますが、ラダーサーボのextensionの上で、コードの曲がりだけで宙にあります。中央の電池ボックスに単4電池3本を入れますが、狭いので外すのは苦労しそうです。
 説明書に「強い風では走らすな」とありますが、デッキにパッキングもないので強いヒールは避けるべきでしょう。ヨットレースの教習には2台購入予定ですが、これは繊細過ぎるので、来年はPETボトルでラジコンヨットを自作の方が良いかもしれません。ただし、自作でも費用はこれほど安くはならないでしょう。

図81 Caribbean 8802の船内 The inside view of Caribbean 8802
The inside view of Joysway Caribbean 8802

六甲アイランドカップ112
スポンサーサイト


模型ヨット | 09:28:40 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。