■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

六甲アイランドカップ11
ナビゲーション装置 a navigation tool

 このブログを始めた時には思いもしなかった、self-runningの仕組みです。基本は風まかせといっても、この仕組みで少しは抵抗できそうです。

図15 風上に向かう設定 a navigation tool setting for tacking
400Cnavigater1.jpg
As shown at Figure 5 in the article, Rokko Island Cup 4, the original self-running system has a rudder thread connecting the tiller and the hook T on the boom. It helps tacking.

 図15は、400クラスの船体を上から見たものです。ブームには近い方のT(タックの頭文字)と少し遠いJ(ジャイブの頭文字)の2つのフックがあります。風上に向けて走ることが予想される時は、前もってラダーとTをヒモrudder threadで結んで置きます。このヒモには紙マスクの耳かけのヒモが良いです。長さはTにおいてクリップで調整します。ラダーにつながっている次に説明する転換器は遊んでいるだけです。これで、六甲アイランドカップ4で述べたように、船は風上に向かうことが予想されます。実際、これだけではないでしょうが、テスト走行では勝手にタッキングを繰り返していました。

図16 風下に向かう設定 a navigation tool setting for jibing
400Cnavigater2.jpg
A simple tool, temporally called an alternator, is a deformed paper clip rotating with a screw nail on a small wood plate. Expecting sailing down the wind, a skipper connects the alternator and the hook J on the boom. It probably helps jibing.

 まだ試験走行はしていませんが、最近、頭に浮かんだのが転換器alternatorです。ゼムクリップの丸枠に4mm径程度の丸い棒(箸)を挿して一辺を180度スライドさせて、できた穴に木ネジを入れて木の薄板に留めた簡単な回転装置です。これをラダーとブームの間にいれることによって、ラダーとブームの動作が図15と逆になります。図16では、ブームのJフックと結んで最大角にしていますが、実際はTフックで小さい角度でも十分かと思われます。

 2014年12月追記:後日、オリジナルな案ではないことが分かりました。確かに風上には向きますが連続してタックすることなりスピードが落ちるので、これを抑制する方法と組み合わせないと、次同様に不要です。ヘルム特性は風上に向かないのが良いとされていますが、それだけも風上に向かうことができます。
スポンサーサイト


模型ヨット | 19:33:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad