■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

六甲アイランドカップ13
500クラスの作成とセイル改良 making of 500 class and a new sail

400クラスと共通分は省略します。図3で7cm幅のビーム部と続くリップ状の隔壁部を押し下げても隔壁部は完全に平坦になりませんでした。模型なのでさほど強度はいらず、ビーム折れ目がつけばいいので、リップ状の必要ありません。500クラスでは船首部ボリュームがありジブセイルが置けます。

どのクラスでもセイルの改良が必要なので、ラジコン・ヨット作成サイトで紹介されていた本の後継「ラジコン・ヨット完全攻略 加藤忠志 電波実験社 2012」を東灘図書館で借りてきました。大きな本かと思っていましたが小型本です。
 図10の切れ込みは、紹介されているタンパーカット方式に近いです。主流はシーム方式だそうですが、作成が複雑で、ラジコン・ヨットより帆が小さいので硬くなるつなぎ目の影響が大きく、帆には細工しないでウインドウサーフィンのようにブーム2本組み合わせたもの有力と思います。
子供に竹ひごをあぶって曲げることを教えたいですが、ファーストフードなどで使い古しのプラスティック製マドラーplastic stir stickで十分です。15cm以上あるストローでも熱で曲げられるものがあります。

図18 ダブル ブーム a hint for double boom of plastic stir stick
sail2boomS.jpg


図18のように、短いものなら手元の穴のある方を使い、先のスプーン部はカットします。最適はLAWSONのMachiCafeのもので、長く、先端がスプーン様でなく平坦です。ここに小さな穴を2個あけてから、髪ドライヤーで熱しながら翼断面に似せて軸を曲げて対称形の2本を作ります。その後、手元の円形はカットします。マストが通る太さのストローの短品をはさんで接着剤と糸で固定します。乾いたら、カット部をテープで固定して一つにします(実際は紙マスクのヒモが小さな円筒状だったのでこれに刺し入れました)。
 アーム1組だけでは不十分な感じでした。短いアームを上に、長いアームを下に、帆とは別につり、中に帆を入れます。できた500クラスが図19です(短い方もMachiCafeで作り色をそろえたいですが、3回も4回も飲みに行くのは大変です)。

図19 500クラス 500 class with double boom system
500Csail2bs.jpg

 できた3月16日にテストしましたが、風が強く、水が浅い冬用にセンターボードを少し短くしていることもあって、8号重り1個では500クラスでも傾いて沈みそうでした。マストを6㎜径ラミンの45cm(船底から)を細い竹の43cmに変えましたが、同じだったので、重りを2個にして強風様に面積の小さい帆を準備する必要がありそうです。帆の形は十分でしたので、400クラスで使った30cmマストでも良いかもしれません。
 ジブセイルは薄いポリフィルムを使いカットは入れていません。ジブ・ブームではなく資料でみたポールをマスト側に置くようにしていますが、有効かは不明です。
スポンサーサイト


模型ヨット | 08:32:11 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad