■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
子宮頚がんワクチン副反応42
ニューロドクターさんに返事
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 ニューロドクターさん4月21日コメントありがとうございます。

1)子宮頚がんワクチン副反応28(2016-01-17 )で「過去に薬害はいくつありました。専門家が間違える未知の事もあるのです。しかし、これを解決するのも疫学に基づいた科学的調査です。」と述べました。
 医学生のころHIV訴訟の手伝いをした国立病院機構福島病院の産婦人科医長河村真先生が、2016年4月12日に「薬害訴訟の濫発に「科学的思考」で立ち向かい、真の「患者の利益」を守ろう ~子宮頚がん(HPV)ワクチン被害者の集団提訴に思う~」を書いています。その中で、「薬害エイズ事件」を患者側勝利に導いた米国CDCMMWR(週刊レポート)は、広義の性感染症であるHPV蔓延を防ぐため、13歳未満の「男女」へのHPVワクチン接種を積極的に勧めています。Human Papillomavirus Vaccination Coverage Among Adolescents, 2007–2013, and Post licensure Vaccine Safety Monitoring, 2006–2014 — United States 」と書かれています。
 世界水準のアカデミズムではHPVワクチン副反応は問題になっていないのです。日本では一部の疫学音痴の方が、世界的に不利・孤独の中(もしかしたら前線かもと)がんばっているというのが現状です。あまり追い込みたくないですが、日本小児科学会など17団体見解も発表されました。あなたの立つ位置を自覚された方が良いですよ。

2)その総説に限らず、各種ワクチンで自己免疫機序によっていくつかの障害が起こることは周知されていますが、あなたの引用; As autoimmune diseases occurs frequently in female adolescent, it is difficult to assess the role of HPV vaccine in the pathogenesis of these cases and no conclusive evidence has been reported thus far. にあるように、関係なく発症が重なることも、まともな医者なら知っています。
 私のブログは読んでいないのですか?子宮頚がんワクチン副反応15(2015-11-20)で、2015年のSchellerが、デンマークとスウェーデンの計398万の女性の住民ベース研究で、子宮頚がんワクチンにより中枢神経脱髄疾患は増えていないことを完璧に示しています。

3)田中さんは、前がん状態から癌が生じるという医学生であれば常識のことも知らない役人仕事を批判もせずコピペする素人です。あなたもそのレベルなのですか?今後もコメントをされるなら、この質問に御回答ください。
 池田レビューにもどうかと思う引用があります。平山幹夫さんも、内容に合わない思わせぶりな週刊誌の電車つり広告のように中身を読まずに村中FBコメントに引用して、子宮頚がんワクチン副反応30(2016-01-24、「説明困難な症状」のごまかし)でこっぴどく反論されています。
 田中さんを引用することで、あなたの質も判断されますよ。「下記の論文のTable 3、、」で何がいいたいかも不明ですから、あなた自身のブログを作って解説してください。一般の人が分かるように議論するのが専門家の役割でしょう。

4)私は、村中さんと何のコネもありません。他の読者にも知ってもらいたいために、メール返事ではなく、子宮頚がんワクチン副反応40(2016-04-14)で「当ブログはあくまでも科学的議論の場ですので、誤解に基づく当方と関係ない弁護士関連の記載は、削除して御自身のFacebookなどに移して頂けますようお願い申し上げます。」と述べました。読んでないのですか?議論のためには相手記事を読む必要があるでしょう。短い高々40回の記事ですよ。
 あなたの「日本人のHLA DPB1*05:01のallele頻度が35%である 略 鹿児島大学で57.1%は、高めの数字であることは間違いない。」(村中さんが有意差を否定し、あなたも否定に沿った「症例数が少ないのが問題ではあるが、症例数を150例に増やして検討すると、明らかな有意差が出る可能性があり」とコメントしています)
 私はあなたのコメントをしっかり読んで、引用ではないオリジナルな作業をして子宮頚がんワクチン副反応39(2016-04-07)で、「対照となる日本人のHLA- DPB1*05:01の保有率を推定し、略 Fisher Exact test検定の結果、鹿児島大学での検査群は対照群とP値(両側)= 0.08549>0.05で有意差なし。信州大学での検査群は対照群とP値(両側)= 0.71698>0.05で有意差なしです。P値>0.05で有意差なしに異論を唱える人はまずいません。」と述べたので、池田班長も見限って、厚労省もあきれて異例発表というのが最新状況ですよね。

 原題にもない「村中璃子氏へのメッセージ」として今回も出されていますが、当方と関係ないのに当ブログに投稿するのは、レストランに入って持参弁当を広げるようなもので、民法には触れずとも社会人の行いとして顰蹙ひんしゅく)ものでしょう?(私に対する批判は当然引き受けます)
 今回正式に、科学的議論の場ですので当方と関係ない弁護士関連の記載は削除して御自身のFacebookなどに移して頂けますよう、お願い申し上げます。私も、あなたがどういう思想か知りたいところです。

後書き;長すぎて4月22日からコメントupに失敗重ね、新しい内容や、科学的議論の場の構築に重要な点もあり、ブログ本文に掲載しています。

子宮頚がんワクチン副反応42
スポンサーサイト


子宮頸がんワクチン | 09:59:54 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。