■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

子宮頚がんワクチン副反応60
美しいピアニスト例から学ぶこと
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

美しいピアニスト例について述べたいことはいくつもあります。

1)ACドクターが脳血流異常を心因性障害でない証拠のように神経学会で言っていたのを覆しました。本例のように心因性障害でも脳血流異常が見られます。

2)心因性障害は本例のように症状が勝手に変化していきます。主治医交代など社会的要因がきっかけになります。ふと気になっていることを思い浮かべただけで悪化するので、変化の要因が外からは分からないこともあるでしょう。次回から述べる池田論文にも似たような例があります。

3)気質的疾患と診断されたり、他の疾患を知ったりすると、その病気に似てきます。本例が単にてんかんとされていた頃より、SPECTでてんかんに違いないとされると、異常なけいれんが増えていきました。シャルコーの時代にもありました。

4)「心因性はわざとしているのではない」と終わりにする医師は、心因性の患者を多くは診ていません。「心因性はわざとしているのではないけれど、、、」と言うのが本当です。前項のように彼女たちはより病気らしく進化しますが、逆に、病気ではなく心因性障害であると判断されるようなことは次から自然と避けるのです。たとえ、それがスタッフ間の目配せや、ついこぼれたごく短時間の微笑であっても、「見破られた」と感じるくらい、彼女たちは感受性が高いのです。よって、「悪意・作為ではない」という意味ではイノセントですが、「純心・無害」という意味では、彼女たちはイノセントではないのです。この実感のない方もいると思いますが、経験を積めばいずれ分かることです。もちろん経験を積んだ思春期精神医学の専門家は知っていることです。

5)治療が進んで症状が消えたかとおもうと、別な症状(嘔吐や下痢)が出てきたのが、心因性障害のもう一つの本質です。あたかも、治りたくないといっているかのようです。このブログを読んでいる人は思い当たることがあるでしょう。メスマーの分利crisisです。症状が良くなるのは、なだらかな坂を下るのではなく、崖から転げ落ちるくらい苦しむのです。口では良くなりたいと言っても、心因性障害では良くなると困るのです。
 ですから、子宮頚がんワクチンの心因性障害の患者に、効果がすごい免疫グロブリン療法をするといえば、当初はプラセボー効果で良くなっても、それで問題解決という段になると、効果がなくなったり、別な症状が出たりするのです。心理療法以外のどんな治療も完全な成功にはならないのです。そういう意味では、治らない悲劇のヒロインというのは安住できる地かもしれません。

子宮頚がんワクチン副反応60
スポンサーサイト


子宮頸がんワクチン | 23:38:47 | トラックバック(0) | コメント(8)
コメント
心因性と言われてきた病気が本当に心因性であるかは誰にも分からない。

未知の病気を心因性と決めつけているということもあり得る。証明されていないだけ。

「むち打ち症」もどこまでが本当かは分からないでしょう?
2016-07-28 木 18:23:00 | URL | 匿名 [編集]
心因性障害は確立された疾患です
コメントありがとうございます。

長い医学の歴史の中で、神経学的に矛盾の所見というのが確かめられてきており、これが心因性症例にあり、治療もそれに沿って行われて成果を挙げています。
現在、こういう症状の例は心因性と考えるという医学的合意があります。DSM5などです。

未知の病気といっても、体は遺伝で受け継いでいるので、この神経学的ルールから離れられないのです。私のブログ2016年1月にも指摘しています。
http://powriter.blog.fc2.com/blog-entry-245.html
報告例の歩行障害は、筋力低下もなく(神経学的に診ても)奇異と著者自身が述べています(*1)。シャルコー以来の深い神経学知識(*2)に見られない様式が発生?とするのは無理があります。なぜなら、原因は新しいものが出てきても、病的発現機序は体に元々備わっているものですから。例えば、1980年代に明らかになった新しい合成ヘロインMPTPの副作用でも、症状は典型的なパーキンソン病です。

なお、心因性については十分理解されていないので、今後も解説していく予定です。
2016-07-29 金 12:00:03 | URL | POWriter [編集]
発達障害(自閉症スペクトラムやADHDなど)は、器質的な障害とされ、心因性ではないことで合意されていると思います。

発達障害はCTやMRIでは分かりません。知能検査や心理検査で判断するしかないです。

大麻(THC)使用による脳神経細胞の異常は、組織を顕微鏡で見れば違いが分かりますが、CTやMRIでは判別不能です。

それは動物実験では簡単に出来ますが、ヒトでは死後解剖でなければ分かりませんよね。

ジゾシルピン(MK-801)やフェンサイクリジン(PCP麻酔)は統合失調症を誘発することで知られていますが、その統合失調症をCTやMRIで判別は出来ないと思います。(判別できるケースがゼロではないと思うが)

-----
http://powriter.blog.fc2.com/blog-entry-241.html
「私は、統合失調症が脳MRIや脳波で診断できないこと知っていますが、」
-----
2016-07-30 土 15:36:02 | URL | 匿名 [編集]
PCPなどの使用で統合失調症の様な症状が出た場合は「精神作用物質使用による精神および行動の障害ICD-10 F1x.5グループ」に分類される為、統合失調症(F20)とは区別される。

しかし、PCPなどの「精神作用物質使用」が分からなければ「統合失調症(F20)」と診断される可能性は低くはないと思う。
2016-07-30 土 16:08:22 | URL | 匿名 [編集]
イソトレチノインという未承認医薬品は幻覚・幻聴などの統合失調症の様な症状と、胎児の神経発達障害が低くない率で起こるとされています。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1b.html

しかし、その機序は殆ど分かっていません。(ビタミンAに近いので身体催奇性は同様の機序なのでしょうけど)
イソトレチノイン使用に関連した神経発達障害児にも手掛かりがないのでしょう。


それと、PACAP欠損マウスは概日リズム睡眠障害が起こることが分かっています。
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20174586

その特徴は、人間で言うところの「早期覚醒」であり、通常より4時間早く起きてしまう傾向との報告です。

PACAPの機能不全は内分泌系の異常なので神経学的な異常所見は見当たらないのでは?

http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC2823792/figure/pone-0009286-g005/
これがリズムのズレです。

この状態に陥った個体(特に人間)は、通常のリズムに合わせようと頑張り、20日周期とかで溜まった疲労が出たり、精神的に不安定になったりすることは十分ありえるはずです。(飼育されているマウスは頑張らないでしょうけど)

この症状はメカニズムを知らなければ心因性のように見えなくもないが、明らかに心因性ではない。

概日リズム睡眠障害以外でも、PACAP機能不全モデルはHPVワクチン被害者の特徴によく似ていると思います。
2016-07-30 土 21:51:20 | URL | 匿名 [編集]
先生、
「長い医学の歴史の中で、神経学的に矛盾の所見というのが確かめられてきており、これが心因性症例にあり、治療もそれに沿って行われて成果を挙げています。 」

HPVワクチン被害者が心因性であるなば、心因性の治療を行って成果出てるはずですが・・・。

「心因性の治療を拒否している」というその症状が心因性です。その「治療拒否という心因性の症状」を治療した成果はあるのですか?

現在の精神医療では殆どの心因性疾患を内因性疾患として治療します。

心因性の不安障害やうつ病はベンゾジアゼピン系抗不安薬やSSRIなどが第一選択肢です。

心因性の治療を行っている医療機関があれば紹介いただきたいものです。ブログ上では無理でしょうけど。
2016-07-31 日 09:45:26 | URL | 匿名 [編集]
悩みを聞いてあげる程度の治療でうまくいくはずがありません。
コメントありがとうございます。

 悩みを聞いてあげる程度の治療でうまくいくはずがありません。Lorna Myersの「心因性非てんかん性発作へのアプローチ、医学書院 2015」にある治療を、十分な期間行って、効果判定が必要です。
私も精神科病院に勤務して、精神科医の実態はある程度理解していますが、抗不安薬などの薬物療法では、報道されている例は良くならないと思います。
 日本は精神分析が市民生活に根づいたことのない唯一の先進国と評されております。http://powriter.blog.fc2.com/blog-entry-248.html
 認知行動療法を副反応とされている例に行える施設を求めているところです。

 前の投稿も貴重と思いますが、2元論的だなと考えています。8月は別な仕事をするので、9月に心因性について述べる機会があるといいですね。

 なお要望ですが、他の方も匿名で投稿されることがあるので、何かペンネームを用いてくれませんか?匿名1号でもかまいませんが。
 また、コメントに字数制限があるのを残念に思っていますが、1回目と2回目ほど少ない字数ではないと思うので、まとめていただけると嬉しいです。もちろんテーマが違うというのであれば分ける方が良いです。
 私に対する専門的なご意見であっても、一般市民が議論を理解できるように問題点を明確に立てて、ご意見いただけるとありがたいです。
2016-07-31 日 14:39:13 | URL | POWriter [編集]
英国の医薬品使用中の有害事象報告(1998年〜2011年)
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/25266008

100万処方あたりの自殺既遂報告数

イソトレチノイン 89
クロザピン 36
メフロキン 35
エファビレンツ 27
バレニクリン 10
デュロキセチン 9
アリピプラゾール 9
リスペリドン 2
パロキセチン 2
ベンラファキシン 1
オランザピン 1
エスシタロプラム 1
クエチアピン 1
フルオキセチン 0.9
シタロプラム 0.8
ミルタザピン 0.8
セルトラリン 0.8
ゾピクロン 0.2
ジアゼパム 0.2
アミトリプチリン 0.1

イソトレチノインの自殺率は、1人平均3処方と仮定すると33万人中89人(3,700人中1人)が自殺既遂。日本全体平均(4,000人に1人)の自殺率と同等になる。
実際は1人平均3処方はありえない。1人平均30〜90処方以上なはず。つまり、日本全体平均の10倍〜30倍以上の高率。しかも、その殆どが10代20代の若者。

イソトレチノインの自殺既遂率の高さは異常。FDAデータも同様。しかし因果関係は無い。
欧州や米国では、最新のガイドラインでイソトレチノインが推奨されている。
しかし、日本はイソトレチノインの副作用とみている医療者が多い。厚労省も副作用と公表している。
http://www.mhlw.go.jp/topics/bukyoku/iyaku/kojinyunyu/050609-1b.html

①イソトレチノインが原因ではない。薬理学的にも動物実験的にも臨床試験結果からも。
②元の病気が原因であれば他の治療薬でも自殺や精神症状の報告が目立つはず。
③イソトレチノインは、ミノサイクリンとドキシサイクリンの後に使うことが多い。催奇性のため。
④ミノサイクリンとドキシサイクリンの禁断症状(あるいは後遺症)としか考えられない。
⑤ミノサイクリンとドキシサイクリンが精神症状を予防しているという説は、他の治療薬を使用中に精神症状が目立っていないから無効。
⑥結論として、ミノサイクリンとドキシサイクリンの禁断症状で自殺既遂・未遂・うつ病・幻覚・幻聴などが多発している。
⑦それに気付いていないのは日本だけ。

日本皮膚科学会は身内の論文(ガイドライン)に対して審査が甘い。引用文献を明らかに誤訳・曲解・誇張している。

影響力のある者たちが、その権威を濫用している。

風邪などでも処方される。

HPVワクチン被害者(と名乗る者たち)の原因は上記が影響していることは間違いない。
2016-08-02 火 09:45:37 | URL | 匿名1号 [編集]
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad