■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
アマゾン村中書評2 NANAさんへ
 信州大学についてはイラストだけ未だなので、あるご意見に即応記事です。村中eBookへの宇多田ヒカルファンさん書評に対する反論をに1月24日投稿しました(この紹介は後日)。この反論に対してNANAさんからご意見をいただきました。アマゾンのカスタマーレビューは規制があり、そこには十分に書くことができません。他の方にも見てもらいたい内容があり、ブログに書きます。

 ご意見ありがとうございます。ブログ「神経内科一歩前進」をネット検索して書評に記した日付の記事をたどれば分かったと思いますが、されていないようですね。重複略 村中さんが独自の研究をしたように誤解されているので、この問題に関心を持たれて日が浅いのでしょう。そのような方を大事にしたいと考えて、できるだけ分かり易く説明します。(もしNANAさんが専門職の方であればバカにされたと思わずに、当ブログが一般市民に対する科学的説明を目指していることをご理解して、許してください)

 鹿児島大発表が対照群としてHLA研究所の千単位の検査数使ったので、村中記事の「HLAアレル頻度はFisherのExact検定によりp値0.0162で有意差はない」になりました。これでNANAさんの誤解はなくなったでしょう。

村中wedge記事HLA検定

 しかし、ここを素通りできません。村中さんが{有意水準は厳密な統計解析では1%を設定し、p値が0.01より小さければ「有意差あり」とするが}と断っていますが、これを認めない方も多かったでしょう。そこで私はブログで健常者の保有率を推定して有意水準5%でも差がないと論証し、多くの人が認めました。

 ここで考えておくべきことは、統計の教科書で、有意水準は本質的に任意の値であり、どこが境になるかは問題によりけりということです。ワクチン問題と直接関係ないですが、テレビでシニアの暴力が多いという資料に民鉄協会の駅員に対する暴力行為の円グラフが出ていました。検定がないので、身びいきかも知れませんが差がないように思えたので、休みの日の朝食前にjs-STARというオンライン統計でカイ2乗検定しました。
 60代に対する多重比較で、20代に対してのみ有意となりました。別な年の値もあるし30代とは差がないが、もっと調べると年齢が高いと増えそうな印象です。
20代以下と* p=0.0006、
30代とns p=0.0384、
40代とns p=0.0094、
50代とns p>.05
面白いのはp値0.0094で有意でない(ns)とされていることで、村中さんがHLAアレル頻度の検定で0.01を基準としたことは、一般的な統計でも認められていることを知る材料です。

 私は2016-07-21の「子宮頚がんワクチンでHLAが死んだ4つの理由」で、HLA研究所の対照値を統計の観点から使ってはいけないと論証したので、彼らもそれを認めざるを得ず、最新の論文ではHLA有意差を全く言ってないというのが、私の書評の大きなポイントです。

 コメントが分けられているので、こちらにも要点だけ書きます。重複略
 村中さんが一般の臨床医と違ってワクチン会社の宣伝をしているとのご意見ですが、科学的ではない我が国のマスコミによって既成事実化しているので、自らこの問題を調べる一般臨床医は少なく、自分の患者以外にも発信する方はさらに稀です。ワクチンの効果について神経内科医が答える必要はなく会社の責任と考えていますが、少し関連文献を見るだけで、引用された発言に疑問はありません(会社とは関係ない産婦人科衣笠医師がこれらを説明する講演をしています)。村中さんFacebookへのコメントもいくつも削除されますので、お友達ではなく、ネット上の分析だけですが、彼女と会社とは隙間はあるように感じています(この先、これが誤りと分かれば進んで訂正し、NANAさんにお詫びします)。

 村中さんがこのワクチンを接種していないことを攻撃材料のように勘違いしている人が多いです。この問題にNANAさんは不慣れのようなので、誤解がないように言いますが、HPVワクチンはHPV感染後に子宮頸がんになるのを防ぐものではないです。HPV初回感染を予防するものですから、自分が既感染と考えたら接種する必要は全くないですね。
 こちらは性については遠慮なしに話すように教育されてきましたが、NANAさんが成人女性であるなら、村中さんがどうなのか、これ以上詮索したいですか?

 NANAさんの真剣な問いかけがなければ、この返事は生まれませんでした。あなたと同じ疑問を持たれる方々もいますので、このブログが疑問解消に役立てば、一日費やしたのも無駄にはならないでしょう。気になるのは村中さんが傷つく表現でなければと。

子宮頚がんワクチン副反応71
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)
スポンサーサイト


子宮頸がんワクチン | 23:01:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。