■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

吉野余禄スズタケ
吉野に行ったときに道すがら真っ直ぐなササを見つけました。模型ヨットのマスト材料を以前から廃品の傘骨ではなく自然な竹が望ましいと考えていたので、神戸大学馬場近くのササと同じか、折れていた1本を持ち帰りました。比較すると馬場のササより節が目立たず優れています。
 それで、Yahoo知恵袋に聞いてみると、aureliamasaさんが写真をのせてくださいとご意見あり、写真を撮ったことを忘れていましたが探してみると近接像ではないものの1枚あり、スズタケと教えていただきました(彼女はスズタケの開花で鳥のことを気遣われていました)。

20170413高城山近くスズタケ
 説明;丈が高く、先端部の葉の長さが30cmくらいあり、途中に葉はほとんどついていません。節がほとんど膨らまず、節間は完全に稈鞘でつつまれています。
引用;背丈は2~3mになるササの仲間。 クマザサやミヤコザサと同じく、日本全土の太平洋側に分布。古くから工芸品に用いられ、万葉集では「ミスズ」の名前で登場する
引用;ササ類に属す。スズタケ属Sasamorphaに分類されることもある。稈は直立し、直径は5~8㎜、上部で1節に1枝出て、2~3本に分岐する。節は膨れない。稈は淡紫褐色で、稈鞘の長さは節間より長く、長毛があり、葉片は長い。葉は厚い革質、長さ20~30㎝、幅3~5㎝、両面とも無毛で、表面には光沢があり、裏面は灰白色。冬、葉に白い隈どりが現れる。葉舌は低い山形、葉耳と肩毛は無い。

 そこで、スズタケと六甲で検索すると住吉道にも生えて去年開花があったそうです。4月末に、六甲アイランドに模型ヨットを早朝テストに行った帰り、コンビニで朝食中、地図を持っていた男性に六甲でササが生えている所について質問すると、離れた席にいた男性が、六甲ケーブルの東から下に行く道にあるとおっしゃっていたことと一致します。直ぐ傍なのでいずれ探検して、アイランドの空いている小さな花壇があるので移植したいと思います。
 ヤフー知恵袋とaureliamasaさんに大感謝です。
スポンサーサイト


未分類 | 16:55:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad