■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
2018年2月5日朝のNHKテレビでHPVワクチン ニュース
NANAさんには前回掲載の直後に連絡していますが、何の応答もありません。よって、オッズ比について種明かしをする予定でしたが、速報性が重要と考えてこちらを掲載します。準備していなかったので、追加修正もあるかもしれません。

2018年2月5日朝のNHKテレビニュースで、昨日の厚労省の子宮頸がんワクチン専門家会議を伝えていましたが、子宮頸がんによって子宮頸全摘後の患者と、相変わらず接種後のギランバレー症候群(脱力)というものの全身疼痛の少女とを、後者にかなりの時間をかけて紹介していました。ギランバレー症候群はどのワクチンにも例があり、ワクチンと関係ない例もみられますが、疫学調査で子宮頸がんワクチンとの関係は否定的です。ギランバレー症候群で腰痛などはありますが、全身が痛いとかは別な病気です。厚労省はその中でギランバレー症候群とされた例で神経伝導検査まで示して診断した数がいくらあるのか明らかにすべきです。
 なすりつけ派だけでなく、会社側も賢い弁護士の戦略で、はれものには触らず、ワクチンの損得で接種再開に持ち込めると思っていたでしょうね。番組どおりだとすると、子宮癌予防10万人に約200人、ワクチン後異常10万人に約90人という紹介でしたので、6連装のロシアンルーレットより悪いクジを引く人いるでしょうか? かねて言っているように、臭いものに蓋が間違いです。

 報道としては、患者はその主治医が紹介するべきです。症例を疑問としている医師ならそれも率直に、症例が真だとする医師ならその責任で紹介されるべきです。ニュースではどういう医師がどう言っているか全くわかりません。なすりつけ派医師もいるはずなので、ニュース作成ができないはずないですから、このようにすべきです。

 村中さんの本はまだ入手していませんが、権威よりも、凡人でも理解できる事実を示していくことが必要です。

子宮頚がんワクチン副反応77
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)」
スポンサーサイト


子宮頸がんワクチン | 16:32:16 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。