■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
六甲アイカップ42
新しいスタッフ new staffs

 7月18日に宮脇さん、神戸スポーツアートCocoro専門学校の学生ボランティアの西田さん、永井さん、森山さんとPETボトル模型ヨットの試作を1時間余りしました。通常マストだが発泡スチロールを使わない4号艇になるはずでした。しかし、6mm径マストの基部にキールにまたがるスリットをノコで作ったところ、しばらく後にそこが折れてしまいました。ダイソーの6mm丸棒は桐材かと思うほど軽く軟らかなので、それには無理と分かりました。CDケースのノコ切りも13cmx3回なので時間がかかります。会議室予約が埋まっており別な部屋でしたので時間切れとなり、船体とキールをペイントの材料として持ち帰ってもらいました。御苦労さまでした。

 7月20日には万太郎さんと梅田でお会いしました。作品を持ってくるとのことでしたので、当初は手ぶらに見え別人かと思いましたが、万太郎3号艇を見せていただきました。長いのは菜箸マスト30cm余り、厚いのはPETボトル、どこらともなくパーツを取り出して組み立てられました。YouTubeの2号艇と同じく、キール部のみカットです。特に、すばらしかったのが、クリートの工夫です。「万太郎クリート」と呼ばせていただきます。私もラダーストッパーのダブルクリップはやめて今後に採用させていただきます。

 詳しくは、六甲アイランドカップに参加する人たちが自由に作品を登録するFC2掲示板を作ったので、まもなく万太郎3号艇も見られるでしょう。今後、参加者が増えると全ての作品をこのブログで紹介するは難しいです。遠方で六甲アイランドカップに参加が無理な皆様も、PETボトルに限らず模型ヨットに関する投稿を自由にしてください。工作が上手か否か気にせず、名前を自由につけ進水式代わりに写真付きで載せてください。また、BBSの運営はしたことがないので教えていただけるとありがたいです。
 実行委員になっていただいた万太郎さんはFacebookでの活動が多いようですが、掲示板で作り方のコツなど解説していただきたいです。
六甲アイランドカップBBS
スポンサーサイト


模型ヨット | 18:31:20 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。