■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
六甲アイカップ45
3号艇の検討2 part two of the setting POwriter’s Ⅲ

 7月24日にリハビリ学校の講義が終わって長かった圧迫から解放された気分です。そこで、3号艇はキール位置が動かせるので、ヘルムを調べてみました。1-2号艇は三角帆なので数か所実測し図上で検討できましたが、3号艇は床に寝かせて写真を撮りCorelDrawに貼り付けて図上で計測しました。

図42 3号艇寸法 dimensions of POwriter’s Ⅲ with PET mast
Lateen500.jpg

The measured and calculated position of the center of effort (C.E.) locates 2.5cm posterior to the center of lateral plane (C.L.P.). POwriter will move the mast forward by adding an extra-beam.

 六甲アイランドカップ16と同じ要領で、艇体は無視しキールとラダーの各面積から、図42の青線上に水中側面中心があると推定しました。セイルは、ハリヤードの弓部を除いた三角形で面積を出し、中心は作図で求め、次に、弓部の弦長42.5cmとその高さ3cmを図上計測し面積を出し、その中心は弓部全体も2等辺三角形と考え高さの寸法線上にあると考え、また、弓と弦とで2等辺三角形とみなして高さの半分にあると推定し、ジブとメインセイルの各面積で計算したように、セイル効果中心を赤線上と推定しました。CorelDrawの使い手で良かったです。
 従来よりもキールをすこし後方に置きましたが、なおも2.5cmくらいウエザー・ヘルムweather helmになっているようです。テープをはがしてキールを後方に下げるより、ビームを増設してマストを前方に移動させた方が簡単と思います。

 追加:六甲アイランドのWater1は水深が15cmくらいしかないので、図のキール13cmは艇の水線と合わせると許容ではありません。キール位置が定まれば船底に差し込んで規定の12cmにする予定です。
スポンサーサイト


模型ヨット | 15:24:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。