■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

六甲アイランドカップ1
第一歩 the first step

 六甲アイランドは神戸市にあり、計画的な市街を持つ人工島ですが、バブル崩壊や神戸震災の後から賑わいが減り、自治会などが努力されています。
 アイランドセンター駅周りの池で夏には子供が水遊びしていますが、模型ヨットを走らせてみたいと考えていました。ラジコン ヨットは値段が高く、スマホのbluetoothも調べてみましたが、車はあってもヨットはありませんでした。2013年12月25日放送のNHKの「テレビでフランス語」の中で、パリのリュクサンブール公園の池で風まかせの模型ヨットで子供たちが遊ぶ*のが名物であることを知りました。風まかせでもいつかは岸辺に来るので、拾い上げて再び適当に走らすようです。アイランドの池も大きくないので風上走行ができれば、吹き寄せられた所で再セットして浮かべればゴールまで行けるはずです。
 そこで炭酸飲料に使われるPETボトルで模型ヨットを作りました。材料は100円ショップで間に合いますが、不思議に良いものができました。関心のある人は必ずいると思うので、プロジェクトチームを作ってルールなどを定め、子供たちに帆走の原理を遊びながら教え、模型作りを通して家族一体で楽しめるでしょう。
 六甲アイランドにはカナディアン校やドイツ校もあり外国人も多いので、いずれRokko Island International Cupと名乗ることもあるでしょう。炭酸飲料の会社にスポンサーをお願いして、レースの勝者には飲み物やサンドイッチなどをあげることができるかも知れません。夢は、アメリカズ カップなみなので、ぜひ一緒にやりましょう。
*様子はle jardin du Luxembourgとbateau(船)で画像検索するとたくさんあります。
1例
スポンサーサイト


模型ヨット | 20:17:21 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad