■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

六甲アイカップ85
風速計の作成 how to make an easy wind meter

 風を知らずにヨットレースはできず、遊びでも風を見る方向に導くべきです。風見は簡単に作れます。風神雷神や孫悟空など子どもが喜びそうなデザインも可能でしょう。風見と風速を同時に見る吹き流しも、六甲アイランドカップの看板代わりに作ろうと思いますが、微風では機能しないでしょう。
 風速計については、当初、スマフォに付ける風速計を調べ、その後、付属品なしで測定するアプリを知り、それを使おうかと思いましたが、参加者の皆が共有するのが難しいことに気づきました。飛行機のプロペラ式の風速計は微風では風の方向に向かないので役に立たないと思います。
 風力発電で縦軸回転の物を知っていました。これは風の方向と関係なく回るので、変化する微風を皆が目視できます。模型作りに使おうと残していたFamily Martのアイスコヒーカップで試作してみました。
コツは図65で上下に1cm高さの支持部だけ折り曲げて、翼のカップ曲面を崩さず外に張り出すところです。図では押しピンで回転軸に乗せているだけですが、その後、下に蓋をつけても回るようにしています。材料費がただ同然なので、これだけでも、子ども工作で人気になりそうです。
 回転する吹き流しに竜の模様を使おうと調べている内に、床屋の回転灯に行きつき、軽い紙製の回転筒を作りこの風車に乗せてビデオを撮りました。

図65 サヴォニウス風車 A Savonius wind turbine using a plastic cup
Sarvonius window turbine using a plastic cup for kids


六甲アイランドカップ85
スポンサーサイト


模型ヨット | 17:14:17 | トラックバック(0) | コメント(0)
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2Ad