■プロフィール

POWriter

Author:POWriter
FC2ブログへようこそ!

■最新記事
■最新コメント
■最新トラックバック

■月別アーカイブ
■カテゴリ
■POWカウンター

Thank you.

■検索フォーム

■RSSリンクの表示
■リンク
■ブロとも申請フォーム
■QRコード

QR

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | --:--:--
池田教授の脳抗体実験の真実3
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 前回、脳抗体は茶番と述べました。池田英文症例報告の方にはまだまだ重要な批判点がありますが、子宮頸がんワクチン問題において脳抗体は本当にカスです。こんなものに時間を割くのは馬鹿げていますが、ACドクターズがどんなものかという教材にはなるでしょう。
村中記事がもっと分かる資料を見つけました。この問題に関心のある方には必須なので紹介します。この先にとても重要です。

NFkBp50ノックアウトと神経変性

 NFkBp50は、あらゆる神経細胞の存在し、その生存に大きな影響があるとされています(*1)。2007年、信州大学眼科を中心にNFkBp50ノックアウトマウス(以下、特異マウス)がヒトの正常圧緑内障の動物モデルになるのではという研究が発表されました(*2)。正常圧緑内障では眼圧上昇が原因ではなく神経自体が悪いと考えられています。
 雑誌はBritish Neuropathological Society(英国神経病理学会、訳は未確認)が発行し、科学誌ランキングとみなされるインパクトファクターJournal Impact指標2.91とされ良いです。論文もとても良いです(池田教授の脳抗体実験は信じられない退化ですね)。
 この特異マウスでは、何もしないでも(つまり加齢)網膜神経節細胞(図3)が障害され脱落します。

図3 網膜の細胞  WT::野生系、KO:NFkBp50ノックアウトマウス
網膜細胞TakahashiNFKB

 図4で、右棒で表される特異マウス(KO)の網膜神経節細胞数は、2ヶ月までは左棒で表される野生系(WT)と差がないですが、5ヶ月では有意(*1)に減少しています。

図4 野生系(WT)・交雑系(+/-)・NFkBp50ノックアウトマウス(KO)の網膜神経節細胞数
TakahasiNFKBCellLoss2.jpg

 NFkBはアルツハイマー病やパーキンソン病など他の神経変性疾患との関連も言われており、変性は抗体ではない機序も考えられますが、著者は一歩踏み出して特異マウスで自然にできる自己抗体が原因だろうとしています。図3下の右で野生系マウスの網膜神経節細胞標本に特異マウス血清をかけて結合した抗体を緑に染めています。左の野生系マウス血清をかけた同標本では染まりません。ここで注目していただきたいのは、標本に野生系マウスが使われており、抗体検出という狭い課題には問題はないことです。

 NFkBp50ノックアウトマウスにおける、自然な神経細胞変性や自己抗体産生が、池田教授の膝元の信州大学から発表されていては、村中記事ではこれらを信じたくなかったなすりつけ派も信じる他ないでしょう。

交雑系マウスも病的

 さらに重要なことが、池田脳抗体実験の標本にも使われた交雑系マウスの性質です。図4の中棒、(+/-)で示されている交雑系マウスも、数が数匹(記載あり)なので有意差はつかないものの、網膜神経節細胞数が野生系より少ない傾向があり、数を増やすか10か月まで観察すれば、間違いなく数が減るでしょう。
 ホモ動物よりは軽くても交雑系ヘテロ動物が異常をきたすことは遺伝の世界では珍しくありません。つまり、交雑系マウスも病的で、個体ごとに自己免疫発症の状態が違っているので、前回指摘したように、試行は厳格に行わないといけません。これがスライドの標本が同一個体かを問題とする理由です。
 同じ大学の先行論文では正しく野生系が使われているのに、池田脳抗体実験ではなぜゆがめて交雑系を使ったのでしょう。考えられるのは、野生系マウス標本ではHPVワクチン接種特異マウス血清の抗体が結合しなかったことです。

 通常IgGは正常脳には反応せず、図5で示すように、変性した組織には反応するようになります。白矢印で示すように、自己免疫疾患を発症すると特異IgGが正常脳に反応することがあります。なすりつけ派はこれがHPVワクチン抗体でも起きるとして池田実験を弁解するのですが、前述下線部が本当ならば白矢印ではなく、下の横矢印でしょう(*3)。接種前からNMDA受容体関連脳炎などを接種以前から持っていない、健常なHPVワクチン接種少女たちには、無縁な話です。

図5 免疫グロブリンと反応する組織
変性脳抗体

 つまり、免疫暴走特異マウスであっても、正常海馬に選択的に結合する自己抗体の特異IgGさえも生じなかったということになります。引用文献からすると、この交雑系マウスの海馬変性は、自己免疫機序でもない可能性があります。さらに、実際、特異マウスで自己抗体ができるといっても、個体ごとにテンデンバラバラにいろいろな組織に対して抗体ができるのであって、海馬に選択的に抗体ができる頻度はとても低いでしょうから。(*4)

(*1)Kaltschmidt B他 Cold Spring Harb Perspect Biol. 2009 Sep;1(3):a001271.
NF-kappaB in the nervous system.
(*2)Takahashi Y他 Neuropathol Appl Neurobiol. 2007 Dec;33(6):692-705.
Development of spontaneous optic neuropathy in NF-kappaBetap50-deficient mice: requirement for NF-kappaBetap50 in ganglion cell survival.
(*3)標本に使われた交雑系マウス脳の変性は複雑な過程なので、特異IgGだけでなく、左下向き黒矢印で示すように多種の通常IgGもくっついているでしょう。
(*4)ワクチンと関係なくNFkBp50ノックアウトマウスに、海馬選択的に結合する自己抗体ができると証明できたら科学的価値は十分あるはずで、子宮頸がんワクチンから足を洗って転向する方が良いです。

難しい話でしたが、頭のいい人なら全部つながって理解できたでしょう。次回、科学に素人の弁護士さんのために、まとめて解説します。

子宮頚がんワクチン副反応69

子宮頸がんワクチン | 11:27:10 | トラックバック(0) | コメント(0)
池田教授の脳抗体実験の真実2
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

実験の手順

1)分かり易いように図解で示します。ヒト換算で100倍量のHPVワクチンをこの特異マウスに接種しました。前述のようにNF-kB p50ノックアウトマウスの中には、自己免疫疾患を発症したものがいます。個々の割合は示されていませんが、理論的には図の様な組み合わせとなります。

図3、脳抗体実験の実際
下段は染色標本上の抗体結合の有無を表す。食塩水とあるのは、PBSと略される生理的な緩衝液のことです。
池田脳抗体2

2)HPVワクチンと肝炎ウィルスワクチンを接種されたマウスでは抗体ができて血中を流れますが、タンパク質が含まれない食塩水投与マウスには抗体ができません。

3)接種されたマウスの脳に障害が起こるかが最重要なので、接種されたマウスを殺して脳を採って調べるのが常識です。しかし、数カ月もすれば加齢により神経細胞死が生じる特異マウスなので、12か月目で殺して調べた所見がワクチン接種によるものか区別できないので発表もされていません。(*1)

4)血中抗体の有無をみるため、接種されていない交雑系マウス脳を切って薄い標本にして、接種された特異マウスの血液を標本に乗せ、その後、抗体染色をしました。前述のように、邪魔になる脳血液関門を除くことですし、それよりも、自己抗体とワクチン由来の抗体か区別できないので、この実験は「茶番」です。交雑系マウスを使ったことも重要な過ちなので、次回解説します。

5)実験は条件をそろえた中で、絞られた要因を比較するものです。通常であれば、1匹の交雑系マウスの脳から標本を何枚も作り、その中の1枚にマカトかニセ子の血液をかけ、他の1枚にアル公かルミ子の血液をかけ、別な1枚にチュー吉かノッ子の血液をかけたのです。事前に、マコトかニセ子か分かりません。これが試行1です。さらに別な交雑系マウスの脳の標本に同じように3種の血液をかけて試行2として、これを繰り返します。

6)ところが、池田教授のスライドには重大な疑惑があります。
連続切片を切り出しても標本作製の都合で何枚か飛びになる事があります。それでもとても薄い片なので細胞の分布などが類似になります。脳構造の立体的変化(参考資料;Mouse Brain in Stereotaxic Coordinates 1997)や標本のアーチファクトと呼ばれる傷などを手がかりにして、同一ブロックから作ったものか分かります。

図 池田発表PDF
Ikeda201603MouseBrain1F.jpg

池田発表スライドをこの観点からみると、緩衝液(PBS)接種特異マウス血液に使用した交雑系マウスと、染まっていない肝炎ワクチン接種特異マウス血液は同一と思われます。しかし、対照となるべきPBS接種特異マウス血液に使用した交雑系マウスと、HPVワクチン接種特異マウス血液に使った交雑系マウスとは明らかに違います。(*2)
 しかも、標本となったのは野生系ではなく、次回説明するように病的な交雑系マウスなので問題になります。(*3)。

 知っている方もいると思いますが別な論文不正事件で、電気泳動で試料と対照は同時に泳動しなければいけませんが、対照を別な同様実験から借用して並べた画像で論文にして「捏造」とされました。研究者からすると、同じになるに決まっている対照の見た目を気にしただけで結論は変わりないと言いたいですが、研究はこのように厳しいのです。

 時間的、空間的、論理的な制約を受けた「まとまり」がN=1であって、このような配慮もない抗体染色データプールの中から、今回のように都合の良いデータだけをピックアップするのはN=1でさえありません。矛盾するデータもあるのに、科学的な理由なく都合の良いデータだけをピックアップするのは「限りなく捏造に近い」データ不正改ざんです。

(*1)月刊Wedge7月号「子宮頸がんワクチン薬害研究班 崩れる根拠、暴かれた捏造」
その
一部
(*2)同一個体の連続切片であるかについて、この領域でのマウス研究者が実名で批判されるなら、十分検討の用意があります。
(*3)村中さんがWedge7月号で、「交雑種マウスでは起きた異常を何も説明できない」と嘆くのはこのことです。

子宮頚がんワクチン副反応68

子宮頸がんワクチン | 09:31:12 | トラックバック(0) | コメント(0)
池田教授の脳抗体実験の真実1
子宮頚がんワクチン副反応67
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

はじめに

 村中記事(*1)はリアルなドキュメンタリー風ですが、医師の中にも誤解をして弁解しようとする者もいます。村中支援のため、池田教授の脳抗体データ不正改ざんについて、医師でない一般の方、特に科学に素人の弁護士でも分かるように説明してみます。
 4週にわたり毎日曜毎に掲載します。2回目以降に難しい話もありますが科学的にとても重要で、これまでのHLAつぶしと同じくらいインパクトあるでしょう。

前知識

1)子宮頸がんワクチン(ここでは短いHPVワクチンといいます)を接種するとHPV抗体ができます。抗体は免疫グロブリンというタンパク質で、その1つIgGも血液に溶けて流れていると考えてよいでしょう。

2)脳は重要臓器なので、血管と脳細胞との間には血液脳関門(BBBと略されることが多い)と呼ばれるフィルターがあり、脳に必要でないものは通しません。

3)IgGは大きさを表す分子量が約14.6-17.0万と大きく、血液脳関門を通ることは通常できず、よって「なすりつけ」派(*2)でも、ワクチンによってできたHPV抗体が脳細胞に作用して症状を起こすという説明ができません。

図1、血液脳関門と血中抗体
池田脳抗体1

4)池田教授は、邪魔と考えた脳血液関門を除いた実験をしました。ワクチン接種されていない交雑系マウス脳を切って薄い標本にして、ワクチン接種された特異マウスの血液を標本に直接乗せ、その後、抗体を染色したのです。ヒトに接種されたワクチンの影響を調べるという本来の研究からは外れています。もちろん、このような実験もありますが、その場合は実験手技を前面に出し、隠すことはしません。
 池田教授はこの手順を隠したので、TBSテレビは常識的な接種されたマウス脳が染まったと報道しました。これによって、HPVワクチン接種を受けた少女たちにも脳抗体ができたと思わせたのです。しかも報道の後、村中さんがこの実態を暴くまで報道の誤りの訂正もしていません。この重大な責任は池田教授にあります。暴挙です。
 繰り返して言うと、血中抗体では通常は脳に障害が起きないのです。多発性硬化症という脳の自己免疫疾患がありますが、この抗体は脳内で産生されるので別です。

5)この特異マウスは免疫反応を正常に抑える働き(NF-kB p50)をノックアウトした免疫暴走マウスですから、普通の動物には意味のない刺激でもこの特異マウスでは抗体を作ることがあります。(数カ月もすれば加齢だけで神経細胞死が生じるので、別に解説します)
 子宮頚がんワクチン副反応37で紹介した、http://togetter.com/li/951031を再掲;
NF-kBは、転写因子でp65とp50と呼ばれる二つの因子で構成されています。p50が欠損したマウスというのは病的にp65が動くのです。p65は核内に入り、炎症反応を来たすサイトカインなどの蛋白質を作ります。p50欠損では外から刺激がなくてもサイトカインを産生する方向になります。

図2、NF-kBの機序
srep03242-f8.jpg

6)さらに、外からの刺激だけでなく、自分の体の成分に対しても抗体を作る「自己」免疫疾患発症モデルです。つまり、このマウスを使うと、HPVワクチン抗体による作用か、自己抗体による作用か区別ができません。これは研究デザインとして致命傷です。
 池田教授は、HPVワクチン以外でも抗体が染まることをAさんから伝えられた時に、この特異マウスでは自己抗体が勝手にできることを知らなかったという、お粗末さです(*1)。

(*1)月刊Wedge7月号「子宮頸がんワクチン薬害研究班 崩れる根拠、暴かれた捏造」
その一部が、http://wedge.ismedia.jp/articles/-/7124?page=3
(*2)これまで薬害と「主張している」として薬害派と書いたこともありますが、関係ない者に罪blameを負わせる「なすりつけるput blame on」とするのがより適切です。


子宮頸がんワクチン | 11:38:48 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆがんだ異端裁判を許すな2
子宮頚がんワクチン副反応66
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

 弁護団の不可解な戦術が、法律門外の私には分かりませんでしたが、当ブログにコメントした紀州の仙人さんのおかげで見えてきたものがあります。

 罪を逃れるための自作ストリーは過去の事件に限りありません。紀州の仙人さんがいうように、池田教授はAさんに責任を「なすりつけ」ようとしているのでしょう。しかし、村中記事(*1)が本当なら、Aさんに責任はありません。しいていえば、池田発表の後に訂正を入れず口をつぐんだことが倫理的に問題なだけです。池田教授が、発表の後にスライドを報道陣に見せたと電話で謝ったそうですから、事前にAさんは発表を認可しておらず、発表の責任は、Aさんではなく、池田教授にあります
 次に、HPVワクチン以外でも抗体が染まるということを池田教授が聞いたことがあるかが問題です。これを池田教授が聞いたことがなければ、責任はAさんに及びます。しかし、村中記事では、Aさんが「池田教授にも『他のワクチンも同じように緑になっているのはなぜ?』と聞かれて、『いや、そもそもみんな自己抗体を持っているんだから、どのワクチンを打ったマウスでも光っていいんですよ』と答えましたよ」と生き生きとした表現で述べています。よって、Aさんに責任はなく、池田教授一人の責任です。

 みんな自己抗体を持っていて、自己抗体かHPVワクチン由来の抗体か分からないので、到底、HPVワクチンで脳抗体ができると言えません。池田教授の責任の中身は、「根拠がない」のに、HPVワクチンで脳抗体ができて危険という論を捏造して発表をしたことです。

IkedaILLUST2.jpg

 Wedge誌や村中さんを実際に訴えると、当事者には申し訳ないですが、見ものです。池田教授が、HPVワクチン以外でも抗体が染まるということを聞いたことがあるかが一大争点に必ずなります。池田教授は聞いたことを否定して、Aさんに責任をなすり付けるでしょう。仲間内での醜い争いが期待されます。
 ヤクザの世界では身代わり自首で数年刑務所に入った後、組内で優遇されるでしょう。信州大学神経内科ではたいした天下り先もなく、池田教授は自業自得で引退後に病院長の呼びはかからず、神経学会の活動も針のムシロでしょう。塩沢教授だけでなくみんなが避けるでしょう。1勤務医となった池田教授から、自らの医師生命に相当する見返りを得られるはずがなく、徹底して池田教授に抗戦して事実を述べるでしょう。塩沢教授も事前に発表の認可を与えていなければ、立場はAさんと同じですから、1勤務医となった池田教授と、自分の教室員を見殺しにした教授という風評のどちらを選ぶかは自ずと明らかで、真実を明らかにするでしょう。

 弁護団が、本当に池田教授の名誉を回復したいのであれば、Aさんの責任を明らかにすれば良いのです。しかし、それをするとAさんから(場合によっては塩沢教授から)さらなる真実がでてくるので、怖くて「Aさんからも塩沢教授からも話が聞けない」のです。これが、誰にとっても不可解な池田弁護団の訴訟指揮の理由です。この図式の手がかりを与えてくれた紀州の仙人さんに感謝です。
 これでは勝てるはずがなく、無理なことは止めて、監視下で追試をやってSTAPと違うことを明らかにするのが科学者の道でしょう。

(*1)月刊Wedge7月号「子宮頸がんワクチン薬害研究班 崩れる根拠、暴かれた捏造」  その一部

 次回から科学的解説に戻って、池田教授の脳抗体の真実を何回かに分けて解説します。

子宮頸がんワクチン | 14:26:52 | トラックバック(0) | コメント(0)
ゆがんだ異端裁判を許すな
子宮頚がんワクチン副反応65
(タグ;子宮頚癌、頸がん、頸癌、副作用)

村中支援のため予定変更して即製ブログです。ジャンヌダルクの名は知っていますが物語は読んだことがありません。Wikipediaからの紹介です。

 王位をめぐるフランス国内の混乱に乗じてイングランド王が介入し、1337年に百年戦争が起こりました。Jeanne d'Arcは1412年に生まれました。神の啓示を受けた1424年、フランスは窮地ありました。16歳でフランス軍に従軍。自身何回も傷つきながら誰もなしえない戦功をあげました。しかし、捕虜となってゆがめられた異端裁判となりました。教会公証人のニコラ・バイイも、ジャンヌを有罪とするに足る証言、証拠を見つけることができませんでしたが、弁護士もつけられず、裁判となりました。

図左はジャンヌダルクの想像図(Wikipedia)、図右は村中璃子Facebookから借用
Joan of Arc and RikoMuranaka ソックリさん

 審問で「神の恩寵を認識していたか」と訊かれましたが、これは罠でした。教理では神の恩寵は人間が認識できるものではなく、これを肯定すれば人でなく魔女であると異端表明になり、否定していれば神の啓示というウソを言って人々をたぶらかした罪になります。このときジャンヌは「恩寵を受けていないのであれば神が私を無視しておられるのでしょう。恩寵を受けているのであれば神が私を守ってくださっているのでしょう」と答え、審問人も呆然とするしかなかったそうです。しかし、司教コーションの結論ありき裁判なので彼女は19歳で法律の名の下に火あぶり刑になりました。これは史実として残り、司教の子孫が分かっているなら、さぞ恥ずかしい思いをしているでしょう。

池田教授発表は、自己抗体が自然にできる特異マウスの所見が、HPVワクチンによると見せかけるものです。結局、世界中で追試され否定されたでしょうが、それまで何年もかかり、この間、子宮頸がん患者を救えないばかりか、現在の何倍もの心因性患者の引き金になって苦しめたでしょう。村中さんが池田教授の脳抗体データ不正改ざんを暴きました。まともな研究者はこれがSTAP事件と同じと見抜きました。
 それより問題は、弁護団が内容では勝てないと踏んで、形式的名誉棄損かで争うとしていることです。弁護士たちは、「自分たちは科学の問題については素人であり、理解できない。よって、実験の発案・実施者であるA氏にも研究班員であった塩沢丹里教授にも話は聞いていないし、聞かない。名誉棄損だけを問う」という主張を繰り返しました。
 村中Facebookにもあった田中角栄のロッキード事件を報じたマスコミは名誉棄損を犯したのでしょうか?いくつかの独裁国で不正を暴いたジャーナリストが行方不明・暗殺されたのは名誉棄損の報いでしょうか?この弁護団は、事実に目をつぶり、言葉の罠をしかけており、ジャンヌダルクの異端裁判と同じです。弁護団も池田教授の名誉よりワクチン訴訟を有利にするためが見え見えです。
 池田教授も科学者なら監視下での実験で自説が正しいと証明し、STAPとは違うことを示せば良いでしょう。姑息な逆切れ提訴は恥の上塗りになるだけです。

 私はこの問題で何か求めるつもりはありませんが、私がやらないtwitterなどでこの記事の拡散を図っていただいて、村中さんを支援しましょう。みんなで彼らのやり方にブーイングを発しましょう。

9月6日、村中Facebookから引用追加しました。

ロッキード事件でマスコミは田中角栄の名誉棄損したのか?に慌てたのか関連コメントがありますが、本質が分かっていないので返信で教えてあげました。この問題がもっと明らかになるので時間があれば、覗いてください。


子宮頸がんワクチン | 00:53:55 | トラックバック(0) | コメント(2)
前のページ 次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。